カテゴリ: 鉄道模型

     \饸\³\??\?\?????ϥ֥���\?\󥭥󥰻²²??ѥ?\󥯰????     ?\??\??\֥���\?\󥭥󥰻²²??ѥ?\󥯰????     ¢??¾???\֥���\?\󥭥󥰻²²??ѥ?\󥯰????

5月30日現在、北海道にいるSYD・・・
ほびー6号さんからは、昨夜電話で話していると九州・大分はジメッとする梅雨のような嫌な天気との事。
北海道の少々高い山は山頂に白く雪が・・・もうすぐ、6月というのに!
流石に涼しいです。。。(;´∀`)

イメージ 1


さて、今回は、久しぶりの鉄道事業のお話。
マイクロエース社のEF65にDCCデコーダーを搭載し直しました。
以前、搭載したものですが、作業を楽にしようと横着な装着をしたのですが、流石に起伏の激しい、うちのレイアウトではトランザクションに問題が有り、設置位置を変更することにしました。

イメージ 2
画像右側の台車上部に、無理やり設置していた為、台車自体の動きが悪く、レイアウト上で脱線する所が2箇所有りました。
これを、改善すべく、DCCデコーダーの新型で小型に成った物と、設置位置を変更します。


イメージ 3
既存の位置は、台車の上部にある、ライト用の導光パネルを撤去して接地しました。
・・・が、しかし、デコーダー自体が台車に接触して、トランクションが悪くなっていました。
後発のデコーダーは若干薄く成っていて、そのまま、交換でも行けそうですが、折角なので天井付けに位置を変更します。


イメージ 4
天井にあるパーツを外して、そこを繰り抜き装着する事にしました。

イメージ 9
超音波カッターで大まかに繰り抜き、カッターで微調整して、デコーダーを、天井下と面一に来る様に、加工します。


イメージ 5
綺麗にボディが収まるか、仮組みしてみました。
トランクションは、元の状態に作動しています。


イメージ 6
天井のパーツを付けてナチュラルな仕上がり♡
後は、基板上の配線を繋げ直して作業は終了! ヽ(=´▽`=)ノ
本船上なので、テスト走行が出来ませんが、動力性は、改善されたと思います。


イメージ 7
機関車のDCCデコーダー搭載は、車両改造が多いので、客車に比べると作業が面倒ですね。。。
車両加工も慣れてくると、そこ迄悩むことは無いのですが、楽すると、罰が当たります。 (´・ω・`)

イメージ 8
レイアウトも、休暇中に少しづつ、都市開発を進めていますが、最近車両基地が、増車の影響で手狭になりました。
貨物ターミナルの裏手に空き地があるのですが、そこに5~7レーンの第2車両基地を増設しようかとは、考えていますが、自動ポイントシステム迄含めると1レーン辺り5人の英世が必要になり、来年度予算案に計上中です。。。
完全高架の九州新幹線長崎ルート編も計画中ですが、実物とレイアウト、どちらが先に開通するか、先行き見えません。。。(*´∀`*)

     \饸\³\??\?\?????ϥ֥���\?\󥭥󥰻²²??ѥ?\󥯰????     ?\??\??\֥���\?\󥭥󥰻²²??ѥ?\󥯰????     ¢??¾???\֥���\?\󥭥󥰻²²??ѥ?\󥯰????

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à


約20日間の休暇も終わり、現在、本船乗船中のSYDですが、休暇中の80%は模型三昧! ( ^∇^)キャキャキャ
朝から晩まで、時には気が済むまで、夜明け頃まで、鉄道模型を遣っては、飽きた頃に、造船活動・・・更に気分転換に長期在庫のプラモ組んだり。。。とにかくリア充しております。。。(∀`*ゞ)エヘヘ
さて、休暇中のネタも今回で終わりですが、今回は鉄道模型レイアウト編♡

イメージ 2
線路周回も不具合が無く成って来たので、ボチボチ、ストラクチャーを!と思いまして、いろいろ、いじっています♪

イメージ 1
先ずは、機関庫の2レーンの増設工事と、機関庫の電飾化!
そして、バスコレ道路と、高さを合わせるべく、盛り土?を行い、区画整理して、駅前開発・・・
バスコレ道路上には、たくみ船長が置いた、kennyben様から頂いたストラクチャーパーツで「頭文字D」のプロジェクトDの遠征チームが峠に向け走行中の設定を設置中!!(〃^∇^)o_彡☆ァハハハッ!!!
・・・たくみ船長は、伯父様から、「ちゃんと色を塗れ!そして、藤原とうふ店(自家用)」って、書かんば!との、ご指摘が有り、塗るようです。。。と、言う事はFDと1号車と2号車も???

イメージ 3
kennyben様頂いた、ゴミ?から、シナリー等も有り、早速丘や山も作ってみました(〃^∇^)o_彡☆ァハハハッ!!!

イメージ 4
そして、西戸崎駅周辺も土地開発の波が・・・
西戸崎駅舎は、大手ストラクチャーゼネコンの「ノブえもん堂本舗建設様」が、入札され現在、施工中で、2016年度完成予定!
早速、駅舎用地と、1番ホームを設置した、土地部分を、ノブえもん堂の本社工場に納入しました。。。(*´∇`)(´∇`*)♪

イメージ 5
今回、大規模なコース変更で、各周回から、駅に直接アクセス出来るコースに大幅変更しました。
それが、この部位なんですが、この部位は、今回で4度目の変更。。。
当初は、複線化ぽい、単線の計画が、高架橋を入れて複線化、更に完全複線化して33ルートの周回にして、更に貨物エリアの増設で、更に、別ルートが出来と、その各ルートが入れ替わる、この部位ですので、コース変更が多い場所でした。\(゜ロ\)(/ロ゜)/

イメージ 6
西戸崎地区は、レールメンテナンスの為、立ち入る事が多いので、全てのストラクチャーは脱着が出来る様にして有ります。
何を、並べるか?が今後の課題なんですが・・・(∀`*ゞ)エヘヘ

イメージ 7
車庫は当初、3レーンで計画。しか~し、いざ出来て、編成を並べると、もうチョット欲しい!!と成り1レーンを、前回追加、そうしていると、更に2レーンの追加が可能に気付き、今回6レーン化の増設工事を、決行!!

まだ、暫くは、工事が続きそうですが、2か月は工事が止まります。。。
その間に、たくみ船長が、手を、加えてくれれば楽なんですが。 (*´∇`)(´∇`*)♪

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à

前回の休暇の際に思いついた、鉄道模型のポイントを一括して、切り替えるシステムの開発を行って下りましたが、遂に!完成しました。 (*´∇`)(´∇`*)♪
当初の設計で、船の上で製作を進めていましたが、船上ではテストが出来ず、持ち帰ってから、テストを、行いましたが、可也の不具合箇所が判明し、半分以上の回路を修正するはめに成りましたが、何とか休暇中に完成しました♪

イメージ 1
テストでは、回路に不具合箇所があり、もっと効率的に回路が組めないか、2日掛け検討しましたが、名案浮かばず・・・気分転換に造船活動にシフト!!

イメージ 2
走行会での気分転換もあり、リフレッシュした脳内細胞をフルに活用し、テキパキ事を進めていきます♪
そうしていると、そろそろ召集令状が!と、思いきや、本船が北海道でマッタリ中のこと、暫くは南下の兆しが無い為、ここぞとばかりに作業続行!! ヽ(*´∀`)ノ

イメージ 3
回路修正を重ねながら、肝心なコントロール部分を作り、多数の配線接続中! \(゜ロ\)(/ロ゜)/

イメージ 4
運転台も作り変え機能性の向上を図ります。
コントローラーの上部に位置するプッシュボタンを押すと、行きたいルートの通過ポイントが一瞬で確保されます♪

イメージ 5
ゴチャゴチャの配線をある程度、まとめて、スッキリ! (ノ∀\*)キャ

イメージ 6
横から見るとこんな感じ♡
配線ついでに、ストラクチャ専用の端子台も各ブロックに設置しました。
メンテナンス時にストラクチャの撤去が出来、ストラクチャーの電飾も簡単に脱着が出来る様に改良しましたよ!

早速、1編成を走行させテストしてみますが、一部のバグが発生!!
取りあえずは、走行可能可能なので、次回の休暇時に修正する事として、一先ず完成!!( ^∇^)キャキャキャ

以前からすると、なんと!画期的♡
行きたいルートが1つのボタンで選択出来ますし、本線周回もワンプッシュ!!
製作前は、最大5つのポイントDCCで操作した居ましたが16回のボタン操作を必要としていまして、走行する列車のスピードに追い付けない状態で列車事故やダイヤの乱れが当たり前でしたが、今度からは、スムーズなルート確保により、快適な鉄道模型ライフが楽しめそうです。 \(◎o◎)/!

鉄道模型の愛好者様、如何です???作ってみたい方は、お問い合わせを!信じられない位、便利です。 (*´∇`)(´∇`*)♪

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à

鉄道模型で、レールを切り替えるポイント!
これを、遠隔操作するのに、1つずつスイッチで操作しますが、SYDの鉄道模型はDCC化! (o^-')b
DCCにて、ポイントを操作するメリットとして大きいのは、各ポイントを制御する電線が必要無い事。更に数が多くなると、スイッチが増えますが、DCCだと、コマンドコントロールで、各ポイントの登録番号にて操作します。他にもパソコンを使ったプログラム走行とかも出来る様ですが・・・
しかし、このDCCで操作するポイントもポイントが重なる部分は、列車走行スピードに付いていきません。。。2ケタ若しくは4ケタのポイント番号とtかcの直進か曲がるかの操作が必要で最低3ボタンの操作が必要で、2つ以上のポイントを操作する場合、この動作の繰り返しなのですが、列車が近ずくと間に合いません。。。
しかも、同一周回に数列車走行しようものなら、スピード調整なんて間に合いません・・・
そこで、SYD!画期的な、ポイント制御システムを、考え付き、設計製作しております。

イメージ 1
先ずは、基本設計をラフスケッチで、検討。。。
そこから、2回路、3回路・・・と、増設して設計。
そして、材料調達ですが、福岡まで、電材を求め、買い物に行くも、全部は揃わず、仕方なく、有るだけの材料を持って、本船に!
都合の良い事に、名古屋に長期碇泊の機会が有り、直ぐに第三の電気街大須へGO!

イメージ 2
船に乗る前は、ポイントが集中する、駅周辺位で、良いかな???なんて、考えていましたが、折角なら、車両基地も1レーン増やし6レーン化して更に今回のシステムで制御!と考えていましたら、使用するリレーの数35個に成りました。(∀`*ゞ)エヘヘ

イメージ 3
リレーを並べて、配線を繋いで、行きますが、その繋ぎ合わせるポリウレタンの銅線だけでも、30m以上に成りました。 ( ^∇^)キャキャキャ

イメージ 4
基本的な基盤は2ブロックに分かれました。
このシステム、1つのスイッチで、入線したい経路上のポイントを、一括して、切り替えてくれる画期的な物です。
今の時代、シーケンサーなど便利な物が有りますが、プログラムソフトだけでも10人諭吉は掛かりますし、シーケンサー自体も、高価ですので、リーズナブルな方法で、作ってみました。。。(*´∇`)(´∇`*)♪

イメージ 5
基板の裏はこんな感じ♡ ごのゴチャ度が何とも・・・(*゚v゚*)

イメージ 6
此方は、2駅分を制御する基板です。
エクセルで、コピーを重ねより良い、配置を考えました\(◎o◎)/!
このシステム、アナログと、デジタルの融合で、将来、PCによるプログラム走行にも、対応出来る様に、DCCポイントデコーダーを搭載出来る様にして有ります。左下の赤いパーツがDCCポイントデコーダー!

イメージ 7
此方は、車両基地6レーン分と貨物ヤードの制御で、本線走行中の列車を入線したいレーン番号のスイッチを押すと、数個のポイントを一括制御!もちろん1スイッチでも、曲がる真直ぐの組み合わせして有りますので、簡単に車両基地に出し入れ出来ます。
それから、追加で、2カ所操作が出来る様に、2ウェイコントロールにします。
運転台と、別のエリアから、リモコン操作時に一括ポイント制御が、出来る様に遠隔用スイッチボックスも作ります。

基本基盤が出来たので、次は、スイッチ部分の製作を作りましょう! (〃^∇^)o_彡☆ァハハハッ!!!

あっ!船の方も進めないと、走行会間に合わない!!(*´∇`)(´∇`*)♪

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à

さて、今回は、鉄道模型のお話 (o^-')b
SYDの鉄道模型のコントロールは、DCC化去れて居ますので、車両を制御するのに、DCCデコダーなる、基板を車両に組み込む必要が有ります。
勿論、そDCCデコーダーを車両に搭載するに辺り、当然、車両の改造が、必要に成ります。日本の代理店である、KATOさんちの車両は、専用の車両に合わせた基板を、組み替える!と、言う方法も有るのですが、対応車両に制限が有り、旧型の車両には、設定が有りません。更に、最近の車両にも対応するDCCフレンドリーなんて、のも有りますが、中には、フレンドリーと謳いながら、商品設定が無い物も!!
当然、日本の車両をNゲージで扱う4社の内、3社の車両に関しては、汎用のデコーダーしか、搭載出来ない物も有り、車両本体の改造と成る分けです。。。
そこで、SYDが改造した車両のご紹介!! (∀`*ゞ)エヘヘ

今回は、TOMIXのDD51デス。

イメージ 1
DDー51の車両をバラバラにして、デコーダーの搭載出来そうな、場所を探しますが、やはり、納まりそうな部位は、運転台のキャビン内に搭載します。
その際、ウエイト代わりのフレームをデコーダーが収まる様に、抉り取ります。
この作業が、面倒ですが、折角なので、出来るだけ、美観を損なわず且つ、トランクションウエイトを重くする為に最少限度だけ、抉り取りますが、この作業だけで30分は有しました。。。(>Д<)

イメージ 2
デコーダーの各リード線を、各集電板のエリアへ半田溶接します。
あえて基板に溶接するかは、先々、車両のメンテナンスの際に、分解出来る様に配慮した物で、メンテナンス性を考えなければ、もっと、簡単な方法も有るのですが・・・

イメージ 3
集電基板をシャーシ部分を組み上げ、ウエイト部分を、組み合わせますが、将来のメンテナンスの際も、全部バラバラに

イメージ 4
電球仕様の旧型車両なので、ヘッドライトは、電球色のLEDに交換しました。
電球と、大きさも粗、同じ♡

イメージ 5
ボディーを組み上げ、作業終了!!
美観的には、ノーマル車と変わりません。。。ヽ(*´∀`)ノ

イメージ 6
このキャビンの中に仕組んで有るのですが、外観からは全くDCCデコーダーが仕込まれて居るとは、分かりません・・・(ノ∀\*)キャ
この、DD-51と、同型のユーロライナーも、有りますので、同じ方法で、次の休暇で仕上げます。
今回、洋上改造なので、試運転が出来ませんが、バッチリに動いてくれる事でしょう♪
作業は、難しく有りませんが、組み込むアイディアが、難しい車両デス。

イメージ 7
今回の、航海で、既にDCC化して有る、車両の先頭車両のヘッドランプも、電球仕様でしたので、DCC化に合わせてLEDランプに変更しました。左がLED化の物で、右がオリジナルの物。。。
TOMIXの旧型電車型車両に搭載去れて居る物です。

イメージ 8
マイクロエースのヘッドライトも電球からLEDに変更します。
DCCだと、電球はコンデンサーの影響か、ノイズが出ますので、LED化がGOODですね。。。 (*´∇`)(´∇`*)♪

各社の車両のDCC化は、進めていますが、意外と、難題なDD-51が、以外にも綺麗に仕上がりました。
SYDの車両の殆どが中古か新古です。真っ先に、改造!!が、有るので、バラバラにしても、気がめしないし、リーズナブルな所が、良いですね。それに、九州から離れると、九州の車両は、お安い傾向が有り、行く先の港の、ご当地物の中に、ひっそり有る、九州車両を、見つけて来ています♪

また、機会が有れば、DCC化車両改造ネタ、お送りします ( ^∇^)キャキャキャ

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à




↑このページのトップヘ