カテゴリ: 49t活魚運搬船 第八泰榮丸

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à

前回の休暇の際、走行会に向け、何か新しい物を!!と、思いましたが、新造船が有る訳でも無く、ワクワク感向上の為に、8号を機関換装してみました。

その、施工状況です♪

イメージ 1
去年秋に、地元で船乗り仲間でもある、おっちさんと近くの池に、走行に行きました際、航行不能に成り、僚船のきんいん号で、サルベージ救出!
安定した、完成度の高い8号でしたが、浸水事故で、機関水没!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/

イメージ 2
機関は、事無く復帰しましたが、いっその事、ブラシレス化!
今回の、機関は、大型ブラシレスモーター!!ヽ(*´∀`)ノ

イメージ 3
ブラシレスモーターの、大きさ自体は、以前のブラシモーターと、変わらないのですが、パワーは5倍以上!!
そこまで、大きくなくても、絶対良いのですが、大は小を兼ねる作戦で大型化!
・・・実は、適当に選んで、大きいのが来ただけなんですが~~~(∀`*ゞ)エヘヘ

イメージ 4
ついでに、アンプも大型!しかも、水冷仕様♡

イメージ 5
水没事故で唯一、一番低い位置に有るスイッチング用のサーボの基盤が、駄目だったので、此方は、同型に換装 (o^-')b

イメージ 6
既存のブラシモーターを、撤去して、ボルトオンで換装する為に、ブラケットを製作します。
今回もSYDのお約束、振動・騒音を軽減するフローティングマウント式で、施工します。

イメージ 7
ブラシモーターはシャフト直結式でしたが、今回は、更に低回転時の振動を軽減する為、きんいん号から採用した、ユニバーサルジョイントを、投入し、振動を更に軽減します。。。(o^-')b
船体の機関台位置と、シャフトの位置はバッチリにボルトオン!!( ^∇^)キャキャキャ

イメージ 8
取りあえず、設置して、塩梅を見て見ます。 
んん~ん!良い感じ♡

イメージ 9
浸水事故の直接的原因でした、アンプの冷却用ウォータージャケット!
下の部分の接着が外れて、冷却水が、だだ漏れに!! 

イメージ 10
アンプも、デカく成りましたので、設置位置を、変更しようと、思いましたが、スペースが無く、前の近い位置に設置する事に成りました。。。(>_<。。)

イメージ 11
スターンチューブの辺りも、綺麗にクリーニング!!
新しいグリスをアップして、後進時の軸受け部位に、新たにネジとグリス飛散の防止する新たな、施工を!! (∀`*ゞ)エヘヘ

イメージ 12
モーターシャフトのユニバーサルジョイントにも、グリスと、止めネジ飛散防止の施工をしました。 
これも、SYDオリジナルの施工方法で、ジョイントにシリコンチューブを被せています。。。
ネジが緩んでも飛んで行く事は無く、受動部のグリスも飛ばない画期的な方法で、可也、以前から所属船の新造時とアップグレード時に施工していますが、振動軽減にも繋がって要るようです (*´∇`)(´∇`*)♪
ブラケットの両端は、ゴム製のフローティングマウント!!しかも、締め付けナットは緩み防止のナットを奢っています。。。(^_^)v

この部位、あんまり見せてませんでしたので、ある意味初公開ですね♪ 
勝手に真似する人、出て来るだろうな・・・ ヽ(`д´)ノ

イメージ 13
アンプは、あえて斜めに設置します。これにも、ちゃんとした理由が有り、走行後、水分が残らない様に、落とす為で、更に、高圧のエアーを通す為、ホースはバンドで固定!!
左に写って居る、冷却ポンプも、完全フローティングマウント+自己水冷方式。(*^▽`*)/

イメージ 14
配線を繋ぎ直して、水冷配管を復旧して、完成!! ヽ(*´∀`)ノ
早速、陸上試運転してみましたが、アンプの細かい設定が、出来ないので、回り出し時に、回転タイミング位置が取れにくいのか、少々、ガタつきますが、スロー回転はバッチリ!高回転はと言うと・・・ 恐ろしい!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/
たぶん小型5号の、あの滑走した状態と同じ事に成りそうです・・・(*´∇`)(´∇`*)♪
あと、ダイレクトバックが出来ないので、何れ、アンプは、換装かな?って、思って居ます。。。そうなると、わざわざ水冷にする事も無く・・・
先日予定していた走行会での公試運転での、お披露目、予定でしたが、次回にお預けです。

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à


\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
今日は、天気も回復し梅雨の中休みです。
そこで、8号の補修塗装と、バージョンアップを、図りました o(*⌒O⌒)b
8号と38号が、奉公に出ますので、綺麗にメイクアップ!
 
イメージ 1
昨年の師田原ダムでの走行会での艏部分の傷を補修しました。 水押とその後ろの部分タッチアップしていましたが、パテで盛りなおして、面だしして塗装しました。
 
イメージ 2
艫の角っこと、ラダー部分は先日の菊池川で、繋留中に津波を受け、岸壁と接触! こちらも綺麗に!
 
イメージ 3
そして、今回のバージョンアップは、艫の賄い部分のテントシートを、新設! o(*⌒O⌒)b
 
イメージ 4
なかなか、同じ色合いの素材が見つかりませんでしたが、100均で小物入れを見つけ、それを解体し、製作しました o(*⌒―⌒*)o♪
昔から、この明石型の艫の幌はこの様な黄色の幌・・・ 別に緑でも、白でも良いじゃない?・・・と、思いでしょうが、どの明石型もこの、黄色の幌!スタンダードだったんですね。
荒天時と雨の日は必ず締めて、西日が差す時も、日除けに下していたりしていました。もちろん、今の時期の梅雨時は、開かる事無く閉まりっ放し・・・
 
イメージ 5
普段は、こんな風に、くるくる上に巻き上げて、いました。
色と言い、雰囲気と言い、実船が居た頃が、思いだされます。
 
さて、8号と38号は暫く奉公に出かけます♪
 
\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
第八泰栄丸の新春、走り初めの動画がアップできましたので、ご覧下さいね。 o(*⌒O⌒)b
キャプテンたくみ君が操船中です !(^^)!
編集無しのノーカット動画です。
 
イメージ 1
 
 
 
\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
今年の走り初めは、8号!
しかも、今回は、本物の8号の母港での走り初め o(*⌒―⌒*)o♪
イメージ 1
現在、8号は本物のオーナーこと、T船長のお祖父ちゃんの家に有ります。
餅まで上がっていましたよ。 この辺は、相変わらず縁起を担ぎます。
 
イメージ 2
海走行は、やはり絵に成ります。 ( ^^)Y☆Y(^^ )
 
イメージ 3
レトロチックな石積みの崖をバックに・・・ 最近コンクリだらけで見かけませんな。
 
イメージ 4
やっぱり、海は、船が晴れます。
湖とか淡水はこうはいきませんね。。。
 
イメージ 5
キャプテンたくみ君・・・ 祖父さんと祖母さんから操船のクレームが・・・
スケール感有る走りを、要求されています (〃^∇^)o_彡☆ァハハハッ!!!
 
イメージ 6
リアルヒールもお披露目! 波切ばっちりです。 !(^^)!
 
イメージ 7
そして、外洋へ・・・ 
懐かしい光景です。 本物も、同じ様にここの海域を走っていましたよ!
 
イメージ 8
出航~ぉ! こんな感じで、出航していました。
 
イメージ 9
うねりがる水面が輝いていると、本物と間違えちゃいます o(*⌒O⌒)b
やっぱり、海の走行は良いです。 ・・・が、お手入れが大変でも有りますが、8号は結構その辺は、対策して有りますので、楽ですね。
動画も有りますが、アップに時間が掛かっている様で、まだ暫く掛かりそうです。 完了しましたら改めてご案内します。
 
\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
スケール模型船用に多チャンネルプロポを改造しちゃうぞぉ~う! の巻きから早や、1ヶ月・・・
作業的にはそんなにたした事では無いのですが、途中、休暇で帰ったり、本船の整備にと、気分も乗らず、しかも、回路図を書いては試作してテストするも不具合が!
新たなパーツ調達が簡単に出来ない上、一度引っかかると、ついダラダラと成ってしまいます。 (*_*)
しか~し、今回の台風16号のサンバは私にとっては神風!
船は運行スケジュール上、早めの避難で場所取りもバッチリ!そして、避難中はと言うと、なにもする事が無い!
ジッとキャビンで、テレビを睨めっこして、たまに舷窓から外を眺める位・・・酒好きのクルーが多い船は朝から酒盛りなんでしょうが、本船は私と、二航士しか飲まず、晩酌程度なので、皆さん何も遣る事も無く退屈の様です。
こんな時、物造りの趣味の人には、最高の時間と成るのです。
そこで、航海中から、準備を始めて段取りしておきます。
 
イメージ 1
一昨日の別府湾沖、天気良好です。 本船も甲板上の構造物は、錆打ちして、塗装して綺麗に成って居ます。
配管やらバルブが多いセメントタンカーはゴチャ度が高く、作業が捗りませんでしたが、大分仕上がって来ました。
 
イメージ 2
これが、今回の改造の重要部分の装置。右が、回路図を基に作った試作機、これでテストして作動確認後、更に配線のレイアウトを変更してコンパクトにして左側の完成品を制作しました。
 
イメージ 3
それを、プロポ下側のデッドスペースの二か所に設置! 
スイッチも特性を変更して位置が悪いものは、配線を延長してレイアウトを変更しました (v^∇^)V
 
イメージ 4
例の物は、この位置に・・・ 反対側にも同じものを!
後は、配線を綺麗に処理して、蓋して完成 ( ^∇^)キャキャキャ
 
イメージ 5
今回、回路図を設計するのに時間が掛かりました。
何せ、スイッチの切れてる状態の時にも、電気が導通してい無ければならないと言う特殊な回路図に成り、回路図でイメージは、すぐに閃いたのですが、実際、電気回路に落とすと、エラー続きで、設計に時間を要しました。
 
イメージ 6
これが、今回の変更する、スイッチングシステム。
既存の8号にはモジュールタイプのスイッチを採用したのですが、10CHから8CHに少なくなった分と、ギミックを作動するのに、いちいちプロポが必要で、展示中に電飾等を作動させた場合でも、プロポを何時間も電源を入れておかなければ成らなかったのですが、当造船所の2チャンネル14作動スイッチぽく、アナログ式に3回路を変更! 
右のサーボは1CHで右スイッチ・中立・左スイッチと、1つのチャンネルを有効に使う事が出来ます。これが、今回の改造です。
多チャンネル機でギミックを制御された事が有る方は、分かると思いますが、そのアクションは、AUXチャンネルでは1個ある位なんですよね・・・だから、増設っ!しました。
スイッチパネルは本船の作業場で初めて加工しました。 金属加工は貼り易いので、さらに精密な、ギャーボックスなんかも加工出来ると思います。 ・・・と、言う事で、ぼちぼち、きんいん1号のミッションを制作しようかと・・・ 。(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)ウンウン
 
イメージ 7
使わないスイッチと可変抵抗は邪魔なので、外してしまいました。 そこで、空いた穴をふさぐのに、何か無いかと・・・
伊藤園のお茶に付いていた、HTTの平沢 唯ちゃんを装着! (≡^∇^≡)ニャハハ もう一つ、むぎちゃんも有るので、追々、デコレートしようと思います (萌
いっその事、ボティも塗装してオリジナル機にしようかな? (ノ∀\*)キャ
でも、次の計画、船のブリッチの様に鉄道模型の運転台が有るようにその、船バージョンを計画していますのでそちらに集中してみたいと思います。 そのターゲットは・・・38号! !(^^)!
 
あとは、画像の後ろにあるコンテナ船を完成させて、8号の唐草を補修して、金箔を貼ってピカピカ計画を進めます。
瀬戸の大会も近いので、急ピッチで進めないと・・・ o(*⌒―⌒*)o♪
 
 
\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 

↑このページのトップヘ