2018年08月

    https://taste.blogmura.com/radiconship/img/radiconship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/ship/img/ship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/img/taste88_31.gif  https://localkyushu.blogmura.com/kyushu/img/kyushu88_31.gif


Western Scale Radio control Community 

NEXT!

autumn meeting 2018
 

WSRCから走行会のお知らせ♪

 
お待たせしました、ウエスタンスケールラジコンコミュニティーの
走行会開催致します。

 
今回も、熊本県の菊池川で開催致します!


勿論!陸海空の鬱憤バラシ!


眠ってた、自慢のラジコンで、日々の鬱憤バラシの1日。


来たれ!菊池川
イメージ 1
↑ココでやります!
広いです~!陸海空なんでも有りデス。


日時:平成30年10月21日曜日
体力が尽きるまで無制限!!
 

場所:熊本県山鹿市宗方通702地先
 
山鹿ニューグランドホテル様前
 
参加費:もちろん無料!!

参加表明は、フリーなので、当日勝手に、気ままに来て下さい。


    https://taste.blogmura.com/radiconship/img/radiconship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/ship/img/ship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/img/taste88_31.gif  https://localkyushu.blogmura.com/kyushu/img/kyushu88_31.gif

今回は、ホーバーフェリーの前作ドリームルビー号と並べて見ました!
どちらも、1/20スケールなので、大きさの違いが分かります。

イメージ 1
画像では、遠近法の関係で、然程大きさに違いが無いようですが・・・

イメージ 2
角度を変えると、やっぱりドリームルビーが大きいですね。

イメージ 3
後ろから見ると、流石に、ドリームルビーの圧倒感が、有りますね。

イメージ 4
上からだと、半分程しか有りません。
ドリームルビーは、今後、改名して装備を変えて、同型機のドリームエメラルドとして就航します。

イメージ 5
新造のドリームルビーを着手したいのですが、流石に、同じスケールだと、洋上造船所では、ほびー7号で、キャパが一杯なので、完全な分離製作して、秘密基地での組み立て艤装工事で、行くしか有りません。

イメージ 6
この2隻、大分での配備就航予定です。
大分でのイベントなどで、活躍してくれる事と思います。

イメージ 7
実物でも、この様な光景が見られたはずですが、いまでは、模型で再現。

ぼびー7号は、残りの部品である、ワイパーや難題のスカート部位を洋上造船所で生産中です。
いよいよ、今秋には、運行開始です。

    https://taste.blogmura.com/radiconship/img/radiconship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/ship/img/ship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/img/taste88_31.gif  https://localkyushu.blogmura.com/kyushu/img/kyushu88_31.gif

    https://taste.blogmura.com/radiconship/img/radiconship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/ship/img/ship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/img/taste88_31.gif  https://localkyushu.blogmura.com/kyushu/img/kyushu88_31.gif

スケールラジコン船のスケールラジコンを作った方は、この世に居るのでしょうか?
スケールモデルとなると、実物の何分の一で、通常は終わる話。。。
しかし、スケールモデルのスケールモデルが有っても、何の不思議は無いはず!
めんどくさい話になってますが、要は、ロシアのマトリョーシカ!
Shipyard Dwarfが作って見ました。・:*+.\(( °ω° ))/.:+

イメージ 1
これが、1/16スケールラジコン船と、その1/2スケールラジコン船!

イメージ 2
1/16と、その1/2スケールラジコン船!

イメージ 3
1/16でか過ぎ!!
ちび泰栄丸、かわいい❤

イメージ 4
半分のサイズなので、実船からすると、1/32スケールと、言う事ですね。
ここまで来ると、更に半分の1/64スケールなる物を作ってみたい様な。。。

イメージ 5
並べて見てみると、リアルな遠近感♪♪

イメージ 6
どっちが、どっち?的な、笑える画像・・・
今秋のWSRCの走行会で、遠近法の走行風景が、ご覧になれます。

その、WSRCの2018走行会は10月21日熊本・山鹿市、菊池川での開催予定です。
乞うご期待!!

    https://taste.blogmura.com/radiconship/img/radiconship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/ship/img/ship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/img/taste88_31.gif  https://localkyushu.blogmura.com/kyushu/img/kyushu88_31.gif

    https://taste.blogmura.com/radiconship/img/radiconship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/ship/img/ship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/img/taste88_31.gif  https://localkyushu.blogmura.com/kyushu/img/kyushu88_31.gif

最近、岸辺に近い所にいるので、ネットワーク環境が良いので、調子に乗ってブログアップ!!
さて今回は、ホーバークラフトのデカール?と言うか、シール貼りです。
勿論、SYDオリジナルですが、最近では監督のみで、実際は、SYDのクローンが生産して居ます!
・・・楽です。

イメージ 1
今回のMV-PP5型のホーバークラフト、艫回りのゴチャ度が好きです。
宇宙ステーションみたいな感じが、ス・テ・キぃ❤

イメージ 2
灯火の確認をしながら、ニタニタして居ます!
(*^◯^*)

イメージ 3
バッチリ点いて居ます!
リアリティーの為、ホーバー特有の灯火!黄色の点滅も、リアルに再現♪

イメージ 4
そして、シール貼り・・・
大分ホーバーフェリー!

イメージ 5
船名もクライアントと最終まで、検討した結果、「ほびー7号」に!
ほびー7号は、実船では存在する船ですが、実は、生産されて、使用しなかった船で、同型機の部品採りにされた船なんです。
それを、クライアントと共にSYDが21世紀に小ちゃくして永遠に復活!!!

イメージ 6
機番は、実機と、ブログ友でも有るラジコンホーバーの第一人者、ほびー6号さんの製作分も踏まえてMV-PP5型の22番船に当たるので、MV-PP5-22に!!!

イメージ 7
大分ホーバーフェリーのマークも、ラダーに忠実に再現♪♪
この、ショットと同じ実機の画像を何回見たものか。。。

イメージ 8
ちょっと、横着して、救命筏のシールを、予備で作った艫の船名と船籍港を使用して貼り付けた所、SYDのクローンからクレームが!!
SYDの仕事では無い!!リアリティーに欠ける!!!!( *`ω´)
・・・との、ご指摘!
確かに、アンバランス!態とらしい!!

イメージ 9
翌日、気を取り直して、クローンが作った物と貼り直し。。。
超!!リアル❤

イメージ 10
クローンの画像処理技術は、伊達ではなく、正しくリアリティー♪
大きさに文字の太さ。それどころか、プレートを当てて、缶スプレーでシュ~~ぅってやる時の縁周りのボカシにプレートの繋ぎ目まで再現しているではないかいな!!!
恐るべしSYDクローン!!!流石はウチの嫁さんとの合作♪

イメージ 11
クローンに他の部位もリアルに再現して貰いました。。。♪(v^_^)v

イメージ 12
夜航海だと、こんな感じかな?室内用も付きますよ♪

イメージ 13
シールドには、下の隅っこに、「非常な際は、ここをぶち破れ!!」と、多分?書いてある、シールも再現!

このホーバークラフトは、今秋、大分に就航・配備されます。
その前に、試運転。。。。(*^◯^*)

    https://taste.blogmura.com/radiconship/img/radiconship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/ship/img/ship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/img/taste88_31.gif  https://localkyushu.blogmura.com/kyushu/img/kyushu88_31.gif

    https://taste.blogmura.com/radiconship/img/radiconship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/ship/img/ship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/img/taste88_31.gif  https://localkyushu.blogmura.com/kyushu/img/kyushu88_31.gif

 3隻の泰栄丸シリーズも大図目の作業になりました。。。
休暇前の作業進捗を思い出しながら、作業開始!
2ヶ月見ないと、どこまで進めて居たか、分からなくなるので、前回の作業終了時のメモ紙と画像を見ながら、作業開始です。

イメージ 1
前回の終了時は、塗装工程の途中で、乗船だった事が記載されて居ましたので、先ずは、塗装から開始します。
準備運動代わりに、ブリッジの塗り分け作業から開始します。

イメージ 2
塗りあがったら、電気廻りの接続。
電飾がつくと、つい、うっとりして眺めます。。。時間の無駄なんですが・・・

イメージ 3
2隻目の5号も電飾を点けて、並べて、時間の無駄遣いをします。。。(*^◯^*)

イメージ 4
メカ廻りの配線も整理して、綺麗に仕上げて完成!!
5号と8号では、メカシステムが違いますね。
5号は匠船長が扱うので、主機は、大容量なので、滑走して走る、じゃじゃ馬かつ漁船仕様なんですよね。。。

イメージ 5
洋上造船所での製作艤装品をバンバン接着して、ディテールを上げて行きます。

イメージ 6
補修塗装が終わると、いよいよ鮮明等のデカール貼り!
・・・らしさを求めて、文字の大きさにも気を使います。

イメージ 7
ドラフトマークも貼ちゃいました!

イメージ 8
意外と、人気のあるペンドルも設置❤

イメージ 9
ちょびっと、右側の3号が作業が遅れて居ますが、部位で洋上造船所に持って行き、完成させてくる予定で、作業保留。

イメージ 10
救命浮環も船名を!あると無いとじゃ大違いなもので。。。

イメージ 11
タイヤも、悩みます。大きさが無いんですよね。。。
何年か前にもブログ記事で触れましたが、陸上を走りもしない物に、タイヤが重要で、探すのが大変です。

イメージ 12
8号は、洋上造船所に所属して、入港先で、休日の際は、各地の走行会に飛び入り参加を目的とした大きさで、公共の交通機関を利用して行けるように、設計してありますので、専用の運搬箱を製作して居ます。各交通機関の手荷物状況を調べ可能な限りの装備で、行こうとは思いますが、問題は、航空法で、バッテリーの問題があります。
・・・なので、電池はどこでも24時間、現地調達出来る乾電池も使用出来る様に、バッテリーシステムを、考案中です。

イメージ 13
新しく出来上がっているホーバーと並んで、SYDの秘密基地へのお帰りを、お待ちしている図です。

今秋には、この3隻が就航します。。。♪(v^_^)v

↑このページのトップヘ