2017年05月

 

ホーバークラフト製作開始から数日・・・
着実に作業進行しています。(⌒▽⌒)
今回は、両舷のフレームと外板の貼付け作業です。

イメージ 1
フレームは同じ物が片舷で10枚、両舷で20枚ですので重ね合わせて、全てを均一に研いでいきます。

イメージ 2
ビームの取付け位置も、合わせて作業します。この方が、速いし正確なもので・・・

イメージ 3
フレームのビーム通しも微調整しながら加工します。
ビーム右側は20枚が研ぎ上げてツルツル感があります。左側は、切り出した状態です。ここも研ぎ上げて20枚のクリアランスを揃えますよ~♪

イメージ 4
20枚を研ぎ上げたら、マーキング。

イメージ 5
研ぎ上げた20枚のフレームです。

イメージ 6
20枚重ねた両端を重ね合わせて、精度を確認します。
何とも、ピッタリ♡

イメージ 7
後は、ビームを差し込んで、一気に組立て。 (*´∀`*)

イメージ 8
勢いに乗って、外板を貼り付けて行きます。。。

イメージ 9
テールエンドも、研ぎ上げて、一気に貼り付け・・・(⌒▽⌒)


イメージ 10
同じ要領で、反対側も、組立て!
2個目の組立ては、1個目に合わせて左右対称に組めば良いので、作業時間は半分で済みますね。

イメージ 11
図面に載せるとこんな感じ♡♡

イメージ 12
仕事の合間と言えども、造船活動の気分が乗ると、作業が速いです。
この、モチベーションで一気に行きたいところですが、間もなく任期満了の休暇下船。
遣れるところまでは、片付けて置きたいなぁ~と、思いながら、作業続行中です。


    ラジコン船・潜水艦ブログランキング参加用リンク一覧  船・船舶ブログランキング参加用リンク一覧  九州情報ブログランキング参加用リンク一覧  その他趣味ブログブログランキング参加用リンク一覧 

全作品の遊漁船「榮幸丸」は、秘密基地でお留守番の為、引き渡しまで、何も出来ず、そろそろ、次の船の着手へと成りました。
先ずは、数タイプの船体型枠を年内に終わらせ、来年に本格着手ですが、先に、クライアント付けのホーバークラフトで三井造船が作ったMVーPP5型の製作に着手しました。
この、ホーバークラフトはクライアントさんと打ち合わせして行く内、予算の都合でラジコンライズしない方向もありますが、いつでもラジコンとして機能出来る作りで行きます。。。
数年前に基本構想が有ったので、そのまま構想利用した方が楽なので・・・

今回は、完全ブロック工法で、洋上造船所でブロックを作り、休暇で秘密基地に戻った際に、ブロック組み立て、艤装する方向で、製作します。
流石に、仕上がって、新幹線や飛行機では持って帰るのが辛いので。。。

イメージ 1
先ずは、フレームの切りだし!
・・・と、言いながら、まだこれ程ですが、頑張りま~す! ♪( ´θ`)ノ

イメージ 2
休暇で帰ってからの工程準備で型枠の図面からフレームを作る段取りも随時続行中!!
今回の漁船は某!大手メーカー様の船体データにより46尺サイズを1/12で製作します♪
長さ1.15mで、高速ラジコン船向けのバルギーな船体をチョイスしました。
それなりの大きさなので、メカ搭載や、走行安定性も抜群の船体です・・・
すでに、予約注文頂きました方々!もう少しお待ち下さいね♡


    ラジコン船・潜水艦ブログランキング参加用リンク一覧  船・船舶ブログランキング参加用リンク一覧  九州情報ブログランキング参加用リンク一覧  その他趣味ブログブログランキング参加用リンク一覧 

↑このページのトップヘ