2014年08月

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à         ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
今回の休暇中に、造船仲間と、遊んで参りました・・・(^_^)v
久しぶりに会った、WSRCの漁業組合長こと、福岡の篠ちゃん!、相変わらずのお元気で、現在は、本線と同じ大きさの船の機関長に出世!!去れていました。
そろそろ、次の作品に取り掛かる様で、色々と相談事がありました!
篠ちゃんの次の船は、超!ド派手な、イルミネーションが点く事でしょう (*^_^*)
 
そして、同じ船乗り仲間で、これまた造船が趣味の若きホープ!!おっち様が、秘密基地に参上!!
 
イメージ 3
今回、ショッテルドライブ2機搭載去れた、「新洞海丸」秘密基地の1号ドックに来船!! \(◎o◎)/!
 
イメージ 1
小型ですが、中々の作り込み!!
流石、船好きが高じて船乗りに成るだけの事は有る細部の拘り!
うちのじゃじゃ馬28たくみ号からすると、恐ろしい程の作り込み♪
 
イメージ 4
凄いディテールを醸し出しています。
船乗りとしながら、要点はしっかり押さえて有りましたね。
 
イメージ 2
外観の割にはメカ部は、大人しめ・・・
しかしながら、今後、このメカ部分がバージョンアップされるでしょう!!
他にも、彼の力作が有るので、今後拝見させて貰いましょう !(^^)!
 
 
 
\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
模型船建造活動で「もう、そろそろ、この船も完成に近づくな!」と、思う工程が、電気工事と手摺回り・・・それと、塗装工程!
いつも、思うのですが、この頃に成ると、次の次の船、そう!!まだ構想段階の船の段取りに入る時期です。
・・・と、言いながら、仕掛の船も気に成る所なので、今回は、仕掛の数艇を完了させる計画で、降ります。
先ずは、目の前の「お題」からなのですが・・・
 
さて、その、お題のきんいん1号、休暇中に大規模塗装工程に入りました。
短期間で船がガラッと!変わる、わくわくドキドキの工程です!! (^_^)v
 
イメージ 1
展望デッキの下のフレームを施工!!
この船、立てても、転びません!
天井部位なので、接着剤が重力に負けない様に、横にします。
 
イメージ 2
あんまり、見えない場所なので、手を抜ける部位なのですが、一旦、遣ってしまうと、手が抜けません。。。 (/_;)
 
イメージ 3
今年の夏の天気は梅雨が戻って来たかのように、連日の雨でしたが、天気が良い日は、塗装を、始めます。
先ずは外板のブルー部位!! コバルトブルーが、なんとも夏っぽい!!
 
イメージ 4
続いて、デッキ部分の緑色!! !(^^)!
 
イメージ 5
緑のデッキ部分は、フラットベースを、混ぜて艶消しタイプに!!
この後、この部位も、ごちゃどが、増します。
 
イメージ 6
デッキ全体を塗って、黒を塗って、白を残すのみ!
まだ先は、長いのですが、色が付くと、わくわくします♪
 
イメージ 7
航海灯は、新品ぽく、真鍮色で塗装します。そのうち、酸化して緑っぽく成るのですが、新造船なので、ピカピカに!!
 
イメージ 8
展望デッキは、蛍光灯を設置してから、天井k部分を、塗装するので、先に配線して、点灯確認してからの塗装です。
 
そぉ・・・そして!! \(◎o◎)/!
 
イメージ 9
ジャ、ジャ~~ン!
 
イメージ 10
バッ、バ~~ン!
 
イメージ 13
この状態に成ると、完成が一気に近づいた様に思いますが、冷静になると、ここからが!何ですよね。。。
 
イメージ 11
展望デッキは、こんな感じ!! ここに座りたくなる椅子シリーズが装着去れます。
 
イメージ 12
ウエルカムデッキは、なんか、塗装漏れもあり、いかにも本物のドック中の感じをかもし出しています!!
 
イメージ 14
・・・・と、いう事で、きんいん号は、この状態で、またもや、暫く放置状態。。。
何とか、秋の瀬戸大橋模型船大会のデビューまでに間に合わせないとね!!
これから、暫くは、洋上造船所で、各小物パーツを、せっせと作って、ディテールアップを図ります!!
 
\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
休暇も終わり、本船復帰のSYDです♪
元の船に戻って来たのですが、久しぶり!的、感覚がタマリマセン・・・
別の船に、乗っていると、その感覚と、習慣の違いに、少しばかりか、馴らしが必要で、頑張っていますが。。。
 
さて、今回の休暇と言えば、きんいん号の秋のデビューに向け、急ピッチの造船活動が主だった行為!それに、緊急依頼の「新造船」の受注!これは、後日話すとして、本物船を、あの模型船の「九州の巨匠タカポン」氏が、引き取りに来られたりと、いろいろ、ございましたが、追々ご紹介するとして、先ずは表題のきんいん号!
現状は、意外と進んでおりまして、2回に分けて、ご案内いたします。
 
イメージ 1
転船で作った、救命筏の台を置いて、塩梅を、確認!他、数点のパーツがあったのですが、今回は諸事情等で、いささか少な目。。。
 
イメージ 2
60日以上とも成ると、何処から手を付けるか、考えるのですが、先ずは、手馴らしに、目について、簡単そうで、形がすぐに見えて来る、部位から着手して、造船意欲を掻き立てます!!
 
イメージ 3
パパっと遣って、外板の手摺が完成しました。
 
イメージ 4
外板の手摺の勢いで、アンテナベースを作ります。
 
イメージ 5
アンテナベースを設置した所で、気分も盛り上がってくるので、このまま、次の作業に取り掛かります。
 
イメージ 6
展望デッキの等を施工しますが、その前に、電飾関係を終わらせました。
電気系統は前回の休暇の際、ある程度は、終わらせて居たのですが、何せ、面倒な事は、後回しに成ってしまいますので、気分の乗った勢いで、とっと終わらせて、デッキを接着開始!
 
イメージ 7
デッキが定位置に接着出来ると、コーミングを立ち上げますが、これまた面倒な部位・・・
型枠作って、高速化を図ります♪
 
イメージ 8
材料を無駄にしない為、一発勝負用型紙を製作!!
 
イメージ 9
面倒で、失敗の多い角のRの部分がミソです♪
 
イメージ 10
船内側にフレームを付けて1日目が終了!
 
イメージ 11
この、Rの部位ですが、下手に遣るとプラ版が割れますし、接着剤も選択肢を間違えると、亀裂が入ります。さらに、数年後には!!!なんて、事も有るので、細心注意が必要な部位です♪
 
イメージ 12
次の日、、トップレールを付けて、研磨して完了!
 
イメージ 13
船内側のフレームも、見事に再現!!
 
イメージ 14
船体工事も、大詰めで展望デッキの手摺を、工事に入りました。。。
船体付けの工事も、殆ど終わり、あとは、細かい部分のディテールアップ作業が有りますが、この辺んで、いよいよ、仕上げ塗装に入ります。
 
今年の夏の天気、梅雨が戻ったかの様に、雨が続き、気温も高く屋外は、最悪のコンディションでしたが、秘密基地は、土足可能な冷暖房完備のエリア♪
作業も不快指数が上がらないので、快適に進んで下ります。
 
次回は、塗装編に成りますので、乞うご期待!!
 
\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
 
 
 

↑このページのトップヘ