2013年07月

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
送風機の製作・・・ 調子に乗って、ディテールを上げています。
・・・が、作業途中、やっぱり止めとけば良かったと・・・、航海中に後悔して、ブログで公開! ( ̄▽ ̄)ノ_彡☆
なにやら、手の込んだことを遣っておりますデス!
 
イメージ 1
送風機の通風口に蓋を、造りました。。。 ここまでは差ほど製作も難易度は無く、良いのですが・・・
開閉用のヒンジが付いていて、丸棒を接着して、ハイ終わり!o(*⌒O⌒)b と、思っても見ましたが、そこで、私の脳裏に天使とデビルがサバゲーしています。
どうやら、フラッグを取ったのは、天使さんの様で、気が向かない、私の手を動かします・・・ ( ´Д`)=3
 
イメージ 2
その、天使さんが、がんばれ!がんばれ!と、エールを送りますが、相変わらず、敗者デビル様が、邪魔をします・・・ その、天使さんの言う通りに、作ったのが、これ↑
5つのパーツで作られた実物同様の蓋のヒンジ部位・・・ 一応、稼働出来る様にはして有りますが、閉める事は無いので、設置後は、接着固定してしまいます。
これを、イヤイヤながら、2時間も掛かって、4つ造りました・・・
 
イメージ 3
仮置きして、塩梅を、見ますが、ん~んん良い感じ!
 
イメージ 4
先に送風機側に接着! 中々のリアリティー! 天使さんありがとう!! あなたのお蔭でディテールが、上がっちゃいました♪
 
イメージ 5
接着が乾けば、今度は蓋を付けますが、蓋のストッパーやら、締め込みの蝶ナット・・・
また、天使とデビルの「いくさ」が脳裏で繰り広げられそうです・・・
しかし、現在進行中のハッチも似た様なヒンジが有り、その数12個・・・ 60ものパーツを、切出し、研いで、精密接着・・・
デビルさんに、がんばって欲しい様な・・・しない様な (∀`*ゞ)エヘヘ
 
\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
船内造船は、ボチボチ遣っています。 
仕事場の機関室での作業だと、数時間で交代に成るので、余り大それた事も出来ず、小物の製作を遣っていますが、機関の巡回点検等々の合間なので、進捗もスローペースです ヽ(*´∀`)ノ
そういう中、送風機が出来上がって来ました♪
 
イメージ 1
材料を切り出し、接着前まで・・・ここまでが意外と時間を要しました。
何せ、丸い部分が多い事と、道具を取りに、キャビンに戻るのが面倒で、作業ピッチが上がりません。
 
イメージ 2
ハッチは面取りして、ハンドルとか、ヒンジを付けますが、ここからが細かい作業で、暫く掛かりそうです。
 
イメージ 3
送風機は、仮組して、塩梅を、見て見ます。
通風のパイプを作るのが、大変ですね・・・
 
イメージ 4
船体との離脱の為のフランジ構造!
ちゃんと、ボルトナットも其れ風に・・・ o(*⌒O⌒)b
 
イメージ 5
近くに有った、LOの配管フランジと、そっくりさん2ショット (〃^∇^)o_彡☆ァハハハッ!!!
 
イメージ 6
接着して、通風路を確保の為、穴あけ・・・ この辺は、実物と同じく開口面と反対側を開け、水の浸入を阻止します。
 
イメージ 7
細かい隙間をパテ補修して、開閉式のダミー蓋を付けて、完成ですが、もう少しですね・・・
そして、アキバで買った、送風機を置いて、デッキ下の構造を、考えます。
 
イメージ 8
現在、船内には、特殊な積荷が・・・
諸事情により、全容をお見せ出来ないのが残念ですが、最新鋭の物体です \(゜ロ\)(/ロ゜)/
プライベート用に沢山の画像を取りましたが、流石に最新鋭!中身が見えません! (ノ∀\*)キャ
興味が有る方は、御一報ください o(*⌒O⌒)b
 
\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
今日は、本州の太平洋側を南下中・・・波長の長いうねりでユラユラしながらの航海です。
そんな、中でも造船作業中!
先ずは、きんいん1号の簡単そうなハッチ部分を作って見ました♪
 
イメージ 4
パソコンの映像の中心部分の部位が今回のターゲット!
当面は、この辺りの構造物を作りましょう!
 
イメージ 3
キャビンで材料を切り出し中!
体が揺れて、上手く切るのが困難です。数個は失敗しています。( ^∇^)キャキャキャ
 
イメージ 1
ワッチの時間に成ったので、仕事場の機関室コントロールルームに場所を変え接着開始!
このエリアキャビンより低い位置に有るので、動揺が余りしません。

 
イメージ 2
ハッチコーミングと蓋を組み上げて、ハンドルを真鍮線で作っていると、交代!
あと1時間少々で、目的地に入港なので、これから、ご飯の支度 o(*⌒O⌒)b
 
イメージ 5
そうそう!先日のアキバで、ジャンクしてきた、小型ファン・・・1個100円 折角なので、3セルリポ化するきんいん号に合わせて12V使用を、これでもか!と言わんばかりにクーリングして遣ろうと思います。
しかし、電材屋で買うと1個1,000円は下らない物ですが、1個100円はお財布に優しい限りです \(^^@)/
 
イメージ 6
そして、仙台塩釜港で本船の後に接岸していた、フジトランスの自動車運搬船・・・
くびれがタマリマセン ヽ(*´∀`)ノ
 
イメージ 7
なでなでしたくなるこの曲面美! (^з^)-☆ まじかで見ると、その大きさに圧倒されますが、この部位が、妙に気に成ります・・・ (ノ∀\*)キャ

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
週半ばは関西圏を行ったり来たりの2~3時間航海の連続・・・
ちょっと、しんどいぞ!と、苦労も有りましたが、明日は海の日の通称「旗日」
東京に荷物を半分降ろして、残りを仙台へ・・・
 
しか~し!、明日は荷役部隊がお休みの為、、、ムフフ!お船もお休み!\(^^@)/
 
現在、東京湾をお台場向けて爆進中! 乗組員の皆さんソワソワ!
 
先週も、東京で半日お休みでしたが、今回は、フルにお休みなので、テンション揚がりまくり・・・
 
さて、船で船を作るか、それとも、どこかへ・・・当然どこかに行くでしょうが、半年ぶりの関東圏は、何処に行こうか、迷っています・・・( ^∇^)キャキャキャ
 
差し詰め、模型ビルダーの天地「秋葉原」かな?とは思っていますが、船の科学館もその後がどうなっているか、見たくも有りますが、船の科学館なら、チャリンコで行けるので、お散歩がてらで行けますので、先に行って、それからアキバかな?
 
関東のモデラーさんは如何しているのだろう?また、近い内に、来るので何れ、会える事と楽しみにしております。
 
まっ、お台場に接岸まで、いろいろ考えよう! (∀`*ゞ)エヘヘ
 
何処か、お勧めの、場所が有りましたら、コメント下さいね♪ お待ち申し上げます<m(__)m>
 
\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
2週間程、造船には、徹していませんでしたが、ぼちぼち始めようと、準備しています。
以前みたいに、バンバン遣れませんが、艤装品を、中心に作って行きます♪
船は、船の上で作る!の再開です・・・
 
イメージ 1
今度のお船は、バルバスバウが妙にデカいです! うちの38号みたい ( ^∇^)キャキャキャ
東京のお台場の近くに接岸していました。 関東をうろうろして、現在は大阪湾です \(^^@)/
 
イメージ 2
今回の積荷は、厚板鋼板・・・ 模型船で言うならプラバンってとこかな?
 
イメージ 3
・・・と、プラバンを本造船所も準備! ( ^∇^)キャキャキャ
 
イメージ 4
航海中の合間に、各艤装品の図面を、せっせと書いています。
陸上の本工場で作る時は、図面を引くのが面倒なので、即興で罫書きすらせず、材料を、刻んで行きますが、何せ、作業環境が狭い事と、作業時間が短いので、図面を引いて、その元図で、材料を刻んで、行こうと言う工法に大幅変更しています。
要は、図面を引く、時間が勿体無いので、余り、複雑な物以外は、図面を引きませんが、今度から断片的な作業に成ってしまうので、図面を、書いています。
まっ、図面を、書く時間が有ると言うのも、理由の1つですが・・・(≡^∇^≡)ニャハハ
 
イメージ 5
実船のいろんな角度からの画像を見ながら、一般配置図に位置関係と大きさを割り出し、各パーツの図面を引きます。 
デッキ周りの艤装品は、第3工場で仕上げて、2か月後に本工場で、組み付けしますが、何処まで、ノルマを達成できるか・・・!も、有りますね (〃⌒ー⌒)ゞ
また、時間が有る時と、ネットワーク環境が良ければ、アップしますね・・・
 
\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à

↑このページのトップヘ