2012年12月

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
アイーダ号はまもなく作業終了と言う所でダラダラ遣っています。
ちょっと、横浜で鍛えられたお蔭で、暇も無く、やっと帰り道中で揺られながら作業しています。 o(*⌒O⌒)b
 
ところで、先日のYSBMの電飾祭りの賑やかな、イルミネーションでしたが、実際の船が夜間航行中の灯りは?と言うと↓
イメージ 1
こんな、感じです。 
499tの貨物船が例ですが右側が進行方向船首側でマスト灯が1つ、左側船尾の上に同じマスト灯、高さを変える事で他船から見ると進行方向が分かります。
その下に緑の右舷灯が有り、その下の4つの灯りはキャビン等の舷窓からの灯りです。
殆どの船はこんな感じで走っています。デッキ等、照らすことは有りません。とにかくブリッチから見にくいので出来るだけ真っ暗にします。 航海灯はDC24V60W電球ですので、差ほど明るくは有りません。これがスタンダードな電飾なのですが、相当寂しいです (  ̄ー ̄)ノ
 
イメージ 2
アイーダ号はプロペラを真鍮調に塗装しました。
 
イメージ 6
スターン側のサイドスラスターも真鍮ぽく (笑
 
イメージ 7
バウスラスターも金色に!
 
イメージ 8
キャビンのベランダに手摺を付けます。これは付ける前です。
 
 
イメージ 9
手摺を付けると、大分らしく成りました。
ガラス張りの手摺の為、上段はマホガニーか、チークの手摺が付くようで、茶色でクリアーパーツの面だけ塗装しました o(*⌒―⌒*)o♪
なんか、其れっぽいでしょ!
 
イメージ 3
最近、キャビンに放置状態だったので、埃が凄いです。
まだ、細かいパーツが残っていますが、随分らしく成りました。
 
イメージ 5
ディカールを貼って、半艶クリアー塗装したら終わりに一気に近づくので、ディカールを貼ろうか、と思いましたが、これまた、レベル社の嫌がらせか超デカい物か、超小っちゃい物まで有り、揺れる船内で貼るのは、船酔いしそうだし、ディカール自体が破れそうなので辞めました ( ̄▽ ̄)ノ_彡☆
 
イメージ 4
船台を塗装する様に取説に書いてあったし、排気ガスの影響でススが付いて、黒ずんでいたので、塗装しました。
コンテナ船の艶消し黒は、良い感じですが、アイーダ号のコバルトブルーは・・・・なんか、派手デス。
一応、レベル社の指定色なのですが。。。海をイメージしたのかな?
 
アイーダ号を新年早々に試運転して、就航させようと思いましたが、焦りは禁物ですし、ほびー6号さんのクイーメリー2に合わせてあげないとかわいそうなので( ̄▽ ̄)ノ_彡☆来春就航と言う事で、今のまま、年を越そうです。
コンテナ船は、持って帰れれば、持ち帰りますが、梱包と荷物を持てるか?に掛かっています。
 
ついでに予告!
新年1月1日か2日18・38号泰栄丸とルビー号の電飾走行、福岡・室見と 1月3日8号泰栄丸の走行、長崎・東長崎にて、5日18・38号泰栄丸とルビー号で大濠公園の走行を予定しています。 まだ、未定ですが、同時走行者と見学者がいらしゃいましたら、時間と概要をつめますので・・・ !(^^)!
 
\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
 
 
 
 
 
 
 

 
\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
横浜の任務も無事終了し、通常配船の為、母港の山口県宇部港に向けて出航しました。
 
イメージ 1
最後の横浜の夜景です。これで見納めです。 街の明かりがとても綺麗ね、よこはま♪ブル~ライトよこはま~♫と、古い歌が脳裏を過ります・・・ (ノ∀\*)キャ
 
イメージ 2
昼間は富士山もバッチリ見えました。
九州人にとって日常富士山が見えるのは、感動ものです。
 
イメージ 3
明け方に成ると、電燈が大分消えますので、ビルの赤い灯りばかりが目立って、反って綺麗なんですよ。 o(*⌒O⌒)b
 
イメージ 4
ベイブリッチともお別れです。 
下は何度も行ったり来たりしましたが、上は通った事が無かったのですが、先日、YSBMの走行会に行く際に、大黒から、根岸まで千葉の嶋田さんと御一緒した時に、初めて通りましたが、良い眺めでした ( ^∇^)キャキャキャ
 
イメージ 5
横浜港の出入口で~すと言わんばかりに、有ります。
 
イメージ 6
昼間だとこんな感じ・・・
 
・・・と言う事で、一路宇部に向けて東海道沿岸を南下中 (〃⌒ー⌒)ゞ
年内に辿り着ければ良いのですが。。。 時化てます (・o・)
 
今回の横浜での仕事で、休暇中には沢山の模型船愛好家とお会い出来ました事、嬉しく思います。
東京都練馬の石神井スケールボートクラブさんでは渡部会長を初めとする、スチームエンジンが多いスケール船に忘れかけていたスチーム魂が蘇りました。渡部お土産まで頂きご馳走にまで成りました事、ありがとうございました。
宇宙戦艦ヤマトの緋天さんにもお逢い出来、私が、本格的にスケール模型船を作り始めた頃から、見ていたブログの画像を生で無る事が出来ました。お互い、好きな事の話なので、長時間にも関わらず、アッと言う間に、時間が過ぎてしまいました。ヤマトの完成楽しみにしております。
横浜スケールボートミーティングの電飾祭りは、見事な物でした o(*⌒―⌒*)o♪ 電飾愛好家の私にとって、今年の模型シーンを締めくくる良いアトラクションでしたね。WSRCの走行会も陸物・空物有りますが、所変わっても遣る事は同じなんだな・・・と、共感しましたね。
うちの電飾効果は一味違いますので、その内共演したいで~す 。(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)ウンウン
千葉の嶋田さんには、大変お世話に成りました。沢山のお土産まで頂き有難うございました。
木造船の資料、助かりました。懐かしい画像に創作意欲が増しています。 近日情報整理して、お題発表しますので、ご期待下さい。
皆さんありがとうございました。 またお会いできます事、楽しみにしております。
 
\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
辺りも暗くなって来ました。 各、光が目立つように成って来ましたが、実際はまだ、綺麗です。
画像で、その素晴らしさが、お伝えしにくいのが残念何ですが。。。 それでは・・・2部の方を!
 
イメージ 1
十和田丸の夕刻の入港シーン! ふくうら丸のプッシングで桟橋に着岸しています。
 
イメージ 2
桟橋付近は、入出港が慌ただしく成って来ました。 ( ^∇^)キャキャキャ
 
イメージ 3
ここまで来ると、作っていて楽しくてしょうがないと思います。 ( ̄▽ ̄)ノ_彡☆
この達成感良く分かりますね・・・
 
イメージ 5
上総丸のこれだけ見ると本物と区別が付かなくなります。 ( ̄▽ ̄)ノ_彡☆
 
イメージ 4
十和田丸の出航シーン、 「船は出る出る煙は残る」
 
イメージ 6
桟橋付近はライトアップの船で、おお賑わい。\(◎o◎)/!
 
イメージ 7
水面に写る灯りも素敵です o(*⌒―⌒*)o♪
 
イメージ 8
真っ暗に成ると、こんな感じ。。。 肉眼ではもっと、綺麗なんですが、画像では難しいですね。
 
この後、石油ストーブがあるテント内いで、おでん祭りが開催されました。
これがまた、楽しいの何の・・・、あっと言う間に時間も過ぎてしまい、真っ暗の中、撤収作業でした。
 
皆さん、お疲れ様でした。 また、ありがとうございました。 横浜の良い思い出と、更なる造船意欲を頂きました。
また再びお会いできます事、楽しみにしております。
 
\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à

さてさて、夕暮れ時が、近づいて参りました。 o(*⌒O⌒)b
更に、気持ちが昂ぶって来る時間帯です。 みんなワクワクしています ワクワク♪o(^o^o)(o^o^)oワクワク♪
 
イメージ 1
「ふくうら丸」Keiichiさんのブログで見ていましたが、こんなに小さいとは・・・ 改めて大きさを実感しましたよ。
奥にある、缶コーヒーのBOSSと比べると大きさが解ると思いますが、ホント、小さいです o(*⌒O⌒)b
 
イメージ 2
小さいながらもディテールに妥協は有りません。 凄い造り込みです。(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)ウンウン
 
イメージ 5
そして青函連絡船の十和田丸 o(*⌒―⌒*)o♪
今まで、画像では何度も見ましたが、生で見るのは初めてで、近くで見る、ディテールの凄さにブラボーしていました o(*⌒O⌒)b
この状態でも、すごく絵に成りますね・・・
 
イメージ 6
見て下さい!この造り込みの凄さ・・・ (〃⌒ー⌒)ゞ
 
イメージ 7
そのKeiichiさん 何やら、作業中、頭を抱えて[Oh, my god!] ~~~~~(/ ̄▽)/ フラフラ
前夜、遅くまで掛かって繋げたコネクターの極性が間違っていたようです・・・ 
良くあります。コネクターの付け間違い。煙に匂いバチバチなんて事も良くありました・・・皆さん同じなんですね ( ^∇^)キャキャキャ
・・・と、言う事で一生懸命コネクターを切ってコードむしって捻ってテープで絶縁と言う、スタンダードな直結作業中のKeiichiさんでした (^^)v
 
イメージ 8
灯りが、次第に目立って来ました。
DENさんの桟橋も夕暮れ時・・・ 慌ただしく成る昭和の夕暮れ時間の匂いがプンプンしています。
 
イメージ 9
こちらもDENさんのタグボート 街路灯にハイエース・・・
普通に有りそうな風景です。 街路灯にハイエースも勿論、イルミネーション!しています (ノ∀\*)キャ
 
イメージ 11繋留中の十和田丸・・・ この船の本当は、これから! ワクワク♪o(^o^o)(o^o^)oワクワク♪
 
イメージ 10
ふくうら丸あちらこちらでプッシング作業に従事しておりました。
 
イメージ 3
DENさん自分のタグボートの撮影に余念が有りません (≡^∇^≡)ニャハハ
角度を変えて何枚も取られていましたよ。 良い画像取れたかな?
 
イメージ 4
皆さん、真剣です。 低い位置での撮影に皆さん寒さも忘れ、這い蹲っています ( ^^)Y☆Y(^^ )
これから、日が暮れると、幻想的な世界が待ち構えています (ノ∀\*)キャ
 
それでは、続きまして、トワイライト編2部に続きます !(^^)!
 
\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
それでは、白昼編の2部です。 本来なら今頃セメントを圧送して荷揚げ中なのですが、現場の受け入れが出来ず4時間程、待たなくてはならないので、今のうちに・・・
 
イメージ 1
未確認飛行物体が飛び回っていました。
これがまた、オペレーターが上手いのか、意外と安定しているのです。
 
イメージ 2
しかも、このクワッドコプターの操縦は、超薄型多機能もしもしマシーンの「スマホ」でWi-Fi操縦です。
電話も21世紀に成ると、あらゆる事が出来ます。その内、ご飯も作ってくれそうです (^O^)
カメラ搭載機だったので、動画を見せてもらうと・・・あら、すてき!船の上を空撮したのが良く取れていました。
 
イメージ 4
な・・・なんと! HOゲージの鉄道模型の線路が!・・・
でも、こういう条件の良い場所なら、されにレールを敷いて。。。なんて事も、可能ですね o(*⌒―⌒*)o♪
 
イメージ 8
十和田丸に乗っかる貨車の様でした。
私的には、こっちも好きなのですが、また手を染めそうで、大変な事に成るので、余り見ないように・・・していました ( ̄▽ ̄)ノ_彡☆
 
 
イメージ 5
こちらは、グロー4サイクルのエンジン船でしたが、意外と静かでした。
遠隔リモートスターターで始動していましたよ。グローエンジンと言っても焼玉エンジンですから、船にはお似合いかな?と思っちゃいました。
 
イメージ 6
宇高連絡船の南海丸です。
 
イメージ 7
船体は既製品を流用してあるとの事でした。
 
イメージ 3
南海丸は可変ピッチプロペラを採用して有りました。
 
イメージ 9
ホーバーの離発着に良いかなとは思いましたが、チョット、勾配がきついようです。
もう少し、緩やかだったら、最高のホーバー基地には成ったのですが・・・
 
それでは、次は、夕暮れ時のトワイライトシーンのアップに成りますので続きをどうぞ・・・ (〃⌒ー⌒)ゞ
 
\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
 

↑このページのトップヘ