2012年11月

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
次の荷役まで数日間の待機中!
大型セメントタンカーが入ってこない限り岸壁接岸で、上陸が可能なのですが、入って来る時は、一旦、港外に船を出してアンカーリング・・・
プカン・プカン浮いて、時間を潰さなければなりません。
特にする事も無いので、他の船員さんはテレビが唯一の楽しみ・・・が、しかし、地デジは船が揺れると、映りません。物凄く退屈のようです。 DVDも一度見ると飽きるので・・・
そういう中、私は、逆に忙しく成ります。模型を作ったり、ギミックの研究!インターネットの環境が有るので、なお退屈はしません。
他の人は、一日が長く感じるとの事ですが、私は、あっという間に過ぎてしまいます。陸に揚がってパチンコに行くと早く感じるのでしょうが・・・ (笑
 
さて、さて今日も Hapag-Lloyd のコンテナ船が入港していました。
イメージ 1
今回は「SEOUL EXPRESS」この前の僚船です。 同型なので、素人が見分けるのは船名しか無く、AISで確認しました。
これでも、コンテナ半分位しか搭載していませんね。
 
イメージ 2
横浜港を出たすぐの所に碇泊中! 
夜景は綺麗です。ベイブリッチにランドマークタワーが綺麗に見えます。
 
イメージ 3
キャビン内では、TURNIGY 9Xの取扱説明書をまとめていました。
裏紙にメモした使い方を実機を使って再確認、こんな事、家に居るならしないのにね・・・
しかし、退屈しのぎにはもってこいです。
 
イメージ 4
アイーダ号はここ数日、工事が止まっています ~~~~~(/ ̄▽)/
あと少しで、完成なのですが・・・ 船台が変わっています (笑
 
イメージ 5
眠くなったら隣でゴロ~ン (-_-)zzz
あれ~ぇ? なんか、この前の氷川丸の1等室と変わんない!?
イメージ 6
ほ~ら!
百均で買った、壁のかごも、いっしょじゃん!
後は飾り毛布かな??? ( ^∇^)キャキャキャ
 
明日は、一旦接岸です o(*⌒―⌒*)o♪
 
\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
続いて2部です o(*⌒O⌒)b
 
世界初?の水陸両用バスの登場です。
瀬戸の大会でも拝見しましたが、改めてじっくり見ると、メカが凄い事凄い事。。。
何せ、船のシステムと車のシステムが乗っかって居るんですからね・・・
イメージ 1
幾度かのアップデートで不具合を解消!陸上走行もスピード十分です。
 
イメージ 2
水上も難なく・・・
SRBCの水陸両用部隊もまだまだアップデート去れる事でしょう!WSRCの水陸両用部隊も、頑張らないと!
 
イメージ 3
この水陸両用バスのメカ部分で私のツボにハマった部位が陸上走行用のモータークーリングシステム!
駆動シャフトからパワーテイクオフしたシステム・・・ ギャーアップしてベルト駆動! しかも90度の屈折、更に、ファンはフリーホイール去れていて、干渉や負荷軽減されています 。(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)ウンウン
恐るべし渡部会長!
 
イメージ 4
SRBCにも漁業組合が・・・ ( ̄▽ ̄)ノ_彡☆
しかも、九州は熊本船籍!
もちろん、WSRBの漁協青年部も直ぐに意気投合!
WSRCのPAKIRA漁労長や篠ちゃん組合長に見せて遣りたかったです ( ^∇^)キャキャキャ
 
イメージ 5
更に漁船が、こちらも九州は熊本船籍!不調で救助中でした。
 
イメージ 6
その漁船も午後から渡部会長も参加し現場でアプデート!
私も、TURNIGY 9xプロポのセットアップに貢献!このプロポのスケール船向けのセッティングはお手の物なので今後は、SRBCさんに技術協定をお約束しました。
久しぶりに、サイトーの3気筒スチームエンジンを触って居たら、また戻りたくなるような、こころユラユラ・・・
更に、追い打ちをかけるかのように、渡部会長からの東京土産がチーク材と3葉の48mmダイヤのプロペラ等
これは、宿題かな?と、思うお土産でした。 ( ^^)Y☆Y(^^ )
 
イメージ 7
アップデート後は順調に走行!、引き波もグー!
 
イメージ 8
また、会いに来る楽しみが増えました。
帰りには、オーナーさんに途中まで送っていただき、寄り道してコーヒータイムと食事までご馳走に成りました。
この場をお借りしまして、お礼申し上げます <m(__)m>
 
イメージ 9
そして、夕方近くに成ると、皆さん、ゴロゴロ台車を引っ張ったり、背中に担いでお帰り!
画像の台車も折り畳みですが優れものです。 こっちに居る時、私も探しに行こう!と・・・
 
楽しい一時も、あっと言う間に終わり日が暮れてしまいましたが、また、何時か訪れてたいと思いましたね。
その内、泰栄丸船団で訪れたいと思いながら、電車で横浜の本船に帰りました。
SRBCのクルーの皆さん、また、何時かお会いできます事、楽しみにしております (〃⌒ー⌒)ゞ
 
\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
日本のスケールシップラジコンを語る上で避けては通れない東京練馬のクラブSRBCこと「石神井ラジコンボートクラブ」・・・
 
おひざ元を拝見に行って参りました。
WSRCとしてはタカポンさんに次ぐ参加でしたが、差し詰め、九州で言う所の福岡は「大濠公園」、熊本「江津湖」みたいな所で、まったり走行が主体の走行エリアです。
ギャラリーも多く、陸(おか)から沖からの観覧・・・  流石、スケールラジコンと言えども、東京湾と同じ状況でした ( ^∇^)キャキャキャ
 
イメージ 1
午前中、寒さも懸念されましたが、それもなんのその、SRBCのクルーはスチームエンジン同様、ヒートアップしていました o(*⌒―⌒*)o♪
 
イメージ 2
瀬戸の大会でお会いする懐かしい顔ぶれもいらしゃいますが、皆さん同趣の人、九州からの私も自然とお仲間です。
 
イメージ 3
あちらこちらで、スチームエンジンがボイラーアップ! バナーのアルコールの燃焼音とスチームオイルの匂い・・・ 以前、うちの18号がスチームエンジンだった頃を思い出します。
 
イメージ 4
スチームエンジンが面倒で一時撤退した私ですが、眠りかけたスチーム魂が蘇って来ました (ノ∀\*)キャ
こんな、おしゃれなオープンボートでマッタリするのも良いかな?と思いましたね!・・・しかし、その思いにHiプレシャーな出来事が有りました。 それは、後から話します!
 
イメージ 5
こんな、外洋タグも・・・
 
イメージ 6
この外洋タグ、うちの38号と同じグラップナーのショッテルドライブⅡを2機掛け、しかも実船同様、左右独立制御! 凄いです・・・ まっ、うちのは、オートパイロットが付いていますが・・・と、負け惜しみ! ( ̄▽ ̄)ノ_彡☆
 
イメージ 7
この帆船、こんなにしていますが、ブームが上下に移動し帆が開きます。 忍者ぽい動きがgood!
 
イメージ 8
何気ない和船が艪を漕いで進みます。 と、私的に、ここまでは驚かないのですが、なっなんと!旋回するんです・・・(当然の様ですが)
艪船の艪を漕いだ事が有る方なら分かると思いますが実は旋回は一方方向だけに更なるパワーを加えないと曲がりません。 余談ですが実際の旋回で、下手くそはこの時、「艪べそ」と言う支点が、外れるんです!
凄いメカシステムです。
ちなみに私は、艪船で後進走行が出来ます (^^)v
 
 
 
更に続きます・・・ o(*⌒O⌒)b
 
\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
みなと横浜のお船散策の第2部です (v^∇^)v
 
 
イメージ 1
木製のデッキ部分が素敵です。 
プラモデルで作った時に、ここをこうやって色塗ったな・・・と、思いながら船を見るのも悪くはないですね。
右側の舷窓は軽量化の為、取り付けては無かったので・・・なんて、思いながら見学しました。
 
イメージ 2
こちらは、船長のキャビン
私的には、同職の機関長のキャビンを見たかったのですが・・・ (  ̄ー ̄)ノ
ベットサイズは現代の内航船の方が広いですね。でもあんまり広いと、時化の時は、ベットの中でゴロンゴロンするので、反って狭い方が良いのですが・・・
 
イメージ 3
屋外のデッキはやはり雨ざらしなのでコンクリート製に変更して有りました。維持するのが大変なのでしょうね。うちも木造船の第8泰栄丸で苦労しました。
 
イメージ 4
ブリッチウイングからの眺めです。 
船首部分のデッキはグレー! 木製では有りませんね。
プレジャーボート用のチークデッキ風に成るラバー製のデッキシート貼れば雰囲気はバッチリ出るのにね。メンテもしなくて良いのに・・・
 
イメージ 5
マストトップは1/350だと引っ掛かって良く折れます!なんて思いながら見てました o(*⌒O⌒)b
あと、船内で機関室も見れましたが、なんだかお休み中なのに仕事をしているような感覚に成ります(涙
一般人は、機関室のタラップを通ってロアーデッキまで行けるとは、滅多に無いでしょうから、珍しいでしょうね。
殆どの品物が解ってしまうのが職業病なのですね・・・ ~~~~~(/ ̄▽)/ フラフラ
 
氷川丸を後にして今度は日本郵船の資料館に。。。 
こちらは、撮影禁止だったので画像は有りませんが、模型船がずら~り!
ディテールアップの参考に見学して来ました。
 
イメージ 6
続いて日本丸。 
学生の頃、長崎に入港した際に、見に行きましたが30年ぶり位に再会できました \(◎o◎)/!
相変わらずの、コンディションに参りました (〃⌒ー⌒)ゞ
 
イメージ 7
丁度、この日と翌日は帆を下す作業の為、船内見学は出来ませんでしたが、末永く保存して欲しい物です。
 
と、言う事で、この後、帰路につきましたが、また後日、横浜の街を、散策しようと思います。
 
\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
みなと横浜のお船散策を決行! (v^∇^)v
移動は、公共の交通機関でと、思いましたが、えらく時間が掛かる事と、船内生活の運動不足解消に船内配備のママチャリ2号車で横浜の大黒町から山下公園まで散策しました。
シップヤード ドワーフとしては、やはり気に成る「氷川丸」! と、言う事で山下公園の往路赤レンガ倉庫経由に設定・・・ そう!保安部の「生!しきしま」を真近で見たい事と、タカポンさんからのオーダーで、艤装品の確認して来ました。  そして、氷川丸を見学。。。
復路は、日本郵船の資料館を見て、帆船の旧型「日本丸」をみてきました o(*⌒―⌒*)o♪
 
イメージ 1
生しきしま・・・私的に、近くで見てもこの船はその圧倒感が有りません。流石に5mには敵いっこないです (〃^∇^)o_彡☆ァハハハッ!!!
しきしまを見ながらあそこはあれを使って、こう作るとか、ここはあの素材が使えるなんて思いながら見ていました。最近船を見ると、そう言う船の見方しかしか、していません (笑 
可也、ビョウキが進んでいます ( ̄▽ ̄)ノ_彡☆
 
ついでに、隣に有る引き上げられた不審工作船を見学。しかし、大した参考にも、成りそうに無いのでパパッツとみて赤レンガ倉庫を見学して次の船に行きます。
 
イメージ 2
いよいよ、「氷川丸」プラデルのディテール目の前に・・・
 
イメージ 3
しかしながら、ハセガワ製の1/350氷川丸凄いディテールです。手に取って作っているような、錯覚に成ります。 o(*⌒O⌒)b
 
イメージ 4
ドワーフ造船の氷川丸はラダーを作り変えましたが、ムムッ!作りが違う! こんな風に成っていたのね・・・
スターンポストから一直線にシャフトが舵板に出ているのかな?と思いきやクランクしてフランジみたいに繋いである・・・ ちょっと遣られた気がしましたね・・・(笑
 
イメージ 5
船内に入って先ず気付いた事は、デッキのキャンバーがキツイ事。
画像の床と天井が湾曲しているのがお分かりでしょうか? 
北太平洋の大時化対策なんでしょうか・・・ ホント、結構きついキャンバーでした。
 
イメージ 6
1等の客室・・・ 飾り毛布が素敵ですね。 今、寝泊まりしている自分のキャビンより少し広いような位で、大差は無さそう ( ^∇^)キャキャキャ
 
イメージ 7
こちらは特1等室、こちらの飾り毛布は、また素敵! 自分のキャビンも遣ってみようかな?・・・ って、誰が見るのだろう!
舷窓にはステンドグラス!自分のキャビンも100均の材料でグレードアップしたら特1等室に成るかな・・・ (≡^∇^≡)ニャハハ
 
まだまだ、横浜みなと散策は続きます。 !(^^)!
 
\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
 

↑このページのトップヘ