2012年10月

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
アイーダ号は地道に塗装中!
刷毛塗でチマチマ塗るのも面倒で、仕上がりが良くないので、広い面は出来るだけ、エアーブラシで行こうと思います。
・・・ですが、マスキングが大変な作業に成ります。 まったりやりますよ!
 
イメージ 1
マスキングテープを張るのが面倒なので、横着して、マスキングゾルを使います。
場所によってゴム系と水溶性を使い分けます。
細かい部分はゾルがテープよりも漏れが無いです。
 
イメージ 2
小っちゃい物は刷毛塗で・・・ o(*⌒O⌒)b
 
イメージ 4
イメージ 3
船体の艤装も塗装に影響ない所は、バンバン付けて行きます。
救命ボートの昇降機を付けて、見ました。 
ボートを載っけると・・・うん~んいい感じ! ( ^∇^)キャキャキャ
 
イメージ 5
救命筏やゴムボートも付けて行きます。
救命筏・・・小さいです。何時もはスケール値がデカいので大きさも有りますが米粒位です。
赤いのはゴムボート、ゾディアックかな? 見た目カッコいいです。 o(*⌒―⌒*)o♪
 
イメージ 6
マスキングゾルでガンガンマスキング! あとは、エアーブラシでシュッと一吹き・綺麗な仕上がり! (ノ∀\*)キャ
まだまだ先は長いです。 ~~~~~(/ ̄▽)/
 
\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
最近ちょっと、ばかりテンションが上って来ています ( ^∇^)キャキャキャ
この勢いで、フルスクラッチ船の着手に、こぎ付けたいのですが、何時まで気が持つか!
その前に、お題を整理しないと・・・
 
さて、アイーダ号は徐々に進んでいます。
イメージ 1
天気が良かったので、青空の下で、浮いている!ぽい画像を撮って見ました・・・
地中海の港町っぽい背景ですが、残念ながら宇部港です。(涙
 
イメージ 2
こうして見ると、それっぽいのですが、如何せん宇部港です ( ̄▽ ̄)ノ_彡☆
 
イメージ 3
造船所が手狭に成った事と、冬場の荒天航海に備えて、英世20人を投じ百均で設備投資!
テーブルが広くなり、工具・材料を探しやすいです。
後は、震度6強に匹敵する揺れに耐えれるか!です σ(⌒▽⌒;)
 
イメージ 4
アイーダ号の塗装開始!
全行程の7割は塗装作業ですので、さっさと終わらせたいです。
 
イメージ 5
・・・と、言っても、アイーダ号、配色が多すぎて15色は塗り分けないと、いけません。。。
塗装面積も広いので3/2はエアーブラシで行こうと思います。
 
イメージ 6
ライフボートを搭載してみました。 まだ、ゴチャ度が足りませんな。。。 o(*⌒―⌒*)o♪
 
イメージ 7
先に、コンテナ船のコンテナ部分の嫌がらせデカールを貼ってしまいました。
そこで、剥がれない様に、トップにクリアーコートを施工!
 
イメージ 8
折角なので、船体も、再度、塗装!
宇宙戦艦ヤマトみたいに浮いています! CGでは有りません!ちゃんと浮いています(〃^∇^)o_彡☆ァハハハッ!!!
 
イメージ 9
遊んでばかりは、いません! o(*⌒O⌒)b
仕事もちゃんと、しています。。。 
ここがワッチポイント中央制御部分です。
発電した電気は、すべて、ここを通って、船内各所に配電されるパネルです。本船のは小さいです ( ^∇^)キャキャキャ
 
暫くは、アイーダ号の塗装作業が続きます・・・ ワクワク♪o(^o^o)(o^o^)oワクワク♪
 
\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
第10回瀬戸大橋模型船大会 Vol.3でぇ~す o(*⌒O⌒)b
会場では、見て回る、話する、走行させるで画像は少ないです・・・ 毎回の事ですが (≡^∇^≡)ニャハハ
 
今回のアップはシップヤードドワーフの船団です。
 
イメージ 1
活魚運搬船の8号と38号のランデブー ( ^∇^)キャキャキャ
前を航行の8号はT船長が船長です。
今回の大会から2.4GHzの送信もバンド管理の対象なので1オーナー、一波でしたので、ランデブーは空きが出てきた、午後から2波で送信!
2.4GHzのバンド管理して台数制限のラジコン大会とは国内初では無いでしょうか!? 最近、2.4GHz増えて来たもんなぁ・・・ ( ̄▽ ̄)ノ_彡☆
 
イメージ 2
T船長は祖父ちゃんの船を操っています。この顔祖父さんそっくり! (笑
祖父さんの船を子が造って孫が動かす・・・親子三代プロジェクト! 現在は8号は祖父さんの元へ有り、祖父さんの、おもちゃに成って居るとの事です。 (〃^∇^)o_彡☆ァハハハッ!!!
 
イメージ 3
則久造船のガットに抱かせてます。
大型だけに、見応え十分です (v^∇^)v
 
イメージ 4
皆、集まって来ました \(◎o◎)/!
なぜか走行会では恒例に成ってる行為です ( ^^)Y☆Y(^^ )
 
イメージ 5
昭和のレトロチックな2隻・・・
年代が同じで、スケール値も近いので絵に成ります (ノ∀\*)キャ
 
イメージ 6
航進丸の全国デビュー!
浮かべて走り出しと、陸上での見た目と違う、まさかの豪快な走りに、「おお~おぉぅ~~~」と声が上がりました ( ^∇^)キャキャキャ
泡立って走っています。 ブラシレスモーターに、リポパワーのコラボでウエイキもスケールダウンです !(^^)!
 
イメージ 9
キットにしたら欲しいとの声も有りました1/10の航進丸でした。
この船のバックレビュー・・・意外と好きです (ノ∀\*)キャ
 
イメージ 7
T船長が待望のホーバーオペレーターデビュー 。(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)ウンウン
 
イメージ 8
普通の船と違い、ドリフトしながらの旋回・・・
早めに戻して、微調整しながら進路を取り周回を重ねて行きます。
もちろん、毎回ラップタイムも上がり、ファステストラップ! やっぱり、若いからですかねぇ~???
 
・・・と、言う事で2012年の瀬戸大橋模型船大会も無事終了しました。
遠路、わざわざお越しくださいましたファンの方も、いらしゃいましたが感謝感激です。この場をお借りいたしまして、改めてお礼申し上げます。「ありがとうございました」 また、WSRCの走行会でもお会いできればと思いますし、神出鬼没走行会も、企画しますので、宜しくお願い申し上げます。
また、ご参加の皆様、来年も、宜しくお願い申し上げます。 お会いできます事、楽しみにしております。
 
\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
アイーダ号は、順調です。
と、言うのも模型船大会の余波かな?・・・と、思いますが、近々、本船は暫くアウェイのお仕事で、母港に戻らないので、今の内、必要な材料、塗料等、仕込んでおきたいので、段取りを急いでいます。
昨夜、チョット浮かべてみました。 本船のデッキに水溜りが出来ますので、搭載予定メカ・まだ組んでいないパーツを搭載して浮かべてみました。 が!やはり、オーバードラフトに安定性が悪く、とても、遠隔操作は・・・と、言う状態。 相当の減量が必要な様です。
 
イメージ 1
何層にもなるデッキ部分。
吹き抜けの屋外ホールみたいな所で、ディテールを考えると・・・・と、減量の対象部分を検討していきます。
 
イメージ 2
クリアパーツも組み上げて行きます。 
このアイーダ号はガラス張り部分が多く、手摺もガラス張りの様です。
 
イメージ 3
減量出来そうな部分を、検討していきます。
組んでしまうと強度的には問題ない部分は削り取ってしまします。
 
イメージ 4
ガラス張り部分を取り付け開始しました。
塗装後にはめるか先にはめるか悩みます・・・ (+o+)
 
 
イメージ 5
ブリッチ部分です。 
ブリッチの周辺は展望ラウンジ等で殆どガラス張りに成ります。
接着剤が付かないように、付けるの、大変です。
ブロックで組みながら塗装して行く工程が暫く続きます ワクワク♪o(^o^o)(o^o^)oワクワク♪
 
\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
ドイツはRevell社の1/400 Cruiser ship AIDA 起工しました o(*⌒―⌒*)o♪
 
イメージ 1
長さ63㎝の船体ですが、はたしてラジコンライズ出来るでしょうか? ワクワク♪o(^o^o)(o^o^)oワクワク♪
 
イメージ 2
今日は天気が悪く雨が本降りで振っています。 作業開始の昨日は、ぽかぽか陽気!こうして舷窓から外を眺めていると、クルーズ客船の雰囲気抜群です。 (≡^∇^≡)ニャハハ
 
イメージ 3
パーツを並べて、どうしようか?段取りを考えます。
減量部分と、開口部分、メカの搭載バランス等、考えています。
 
イメージ 4
コンテナ船よりはるかに大きいです。
 
イメージ 5
バルバスの部分。 どっちも、びゅてぃふぉーです \(◎o◎)/!
 
イメージ 6
バーツ点数が多く置くとこが無いので、ベットの上にも置きます。眠くなったらどうしよう?・・・と、言う事でお昼寝はフロアーで!と言う事にします。
 
イメージ 7
取りあえず、パーツを仮組して、イメージと造船意欲を上げて行きます。 σ(⌒▽⌒;)
 
イメージ 8
フィンスタビライザーも可動式!良く見るタブまで付いています。流石は、トップヘビーな船を制御するも、微調整なのですね。。。
 
イメージ 9
接着固定してみて、出してみます。すぐに折れてしまいそうです。
 
イメージ 10
艫周りのブラケット等も設置します。今回は2機2軸2舵。
先ずは、モーターライズから・・・
 
さあ、アイーダ号、上手く行くか!しかし、すぐに飽きてまた暫く掛かりそう! ~~~~~(/ ̄▽)/ フラフラ
 
 
\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
 
 

↑このページのトップヘ