2012年05月

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
 ちょっと、間が空きましたが、ぼちぼち組み立てております (*^^)v
本船も、5月の連休明けで、暇かな?・・・と、思いきや、まさかの5連続航海・・・
おまけに、あちらこちら故障が続出。意地でもスケジュールを狂わせない為、頑張って、だましだましの修理して繋いでいました。暇を見て手直しが必要です (+o+)
 
イメージ 1
 プラモRC船の難所! メンテナンスのアクセスを取る為開口部を検討!
今回は、前から後ろまで一体物のデッキなので途中を切断開口しいなくては成りません。
そこで、、メカを仮搭載して、部位を調整!
 
イメージ 2
 画像の辺りまでは、接着して、発泡材を詰め込み不沈構造に・・・
しかしながら、この上にコンテナの固まりが・・・
先に、コンテナを組み上げて見る事に。。。 (^・^)
 
イメージ 3
 この船の、ゴチャ度はコンテナの固まり・・・
スケール値が1/700なのでディテールはソコソコです。
 
イメージ 4
 可也の量です。
パーツは1個1個違いいますが番号が入って居るので混ぜこぜです (笑
これだけでも、可也の重量に成ります。
トップヘビー間違い無しです。
 
イメージ 5
 とりあえず、今、本船持ち込んでいるメカを入れてみて計測・・・ 後、30~50gは増えますのでコンテナの150g強が加わると・・・
何とか頑張って浮かべようと思います。 だって・・・次のお題クルーズ船「AIDA」はもっと、過酷な条件ですから・・・・
しかし、本船も積み荷役時にはドラフトを気にしながら、積み込みますが、仕事も遊びも同じ事を遣ってます(大笑
スケール値が違うだけなんですが・・・ (^^)v
 
\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
1/700 CMS COLOMBO EXPRESS CLASS を、いよいよ建造開始!
今回はレベル社のモデルキットですが、パーツ点数は意外と少なく殆ど、コンテナの固まりを作る工程が多いと思われます。
急ぐ事はありませんが、RC化の為にモーターライズ化を先に行おうと思い、ぼちぼち動き出しました。
 
イメージ 1
先ずはレイアウトを構想してみます。 前作の氷川丸をベースに同じ機材で今回は1機1軸仕様です。
 
イメージ 2
今回は、船体が氷川丸より一回り大きいのですが、氷川丸は同じモーターの2機2軸、これでもパワーは
十分有ると思います。
シャフトはスケール的に、結構低い位置に成ります。丁度モーターをべた置きした時が軸心がです。サーボはモーターより船首側にレイアウト予定です。
 
イメージ 3
アンプ、受信機、バッテリーは真中の区画に設置。
しかし、バッリー交換等メンテナンスの為にアクセスハッチが必要ですが、殆どデッキが1枚物・・・
途中で切るか、そのまま一体でポン押せか思案中です。
 
キット自体は、パーツ点数も少ないので、はまって組み上げると2時間掛からない程、完成しそうなキット。。。
色塗りが大変そうです (・o・)
 
まっ、しばらくはあーでも無いこーでも無いと頭をひねって楽しんでみようと思います。
 
\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
本船の造船所の第2工場です。・・・・と、いっても機関室なんですが。。。
あまり大きな船では無いので機関室も狭いです。特に天井が低いです。 頭上注意!とか言われるアレです。
少しづづ片付けて、スペースを確保しています。
 
イメージ 1
左側の階段より降りて来ます。 中央のハッチの奥が倉庫と舵機室と言って、舵を操る装置が・・・
ラジコンでいうと、ラダーホーンにサーボになります。
この、倉庫が加工機材も有るエリアになります。
 
イメージ 2
ハッチの奥が舵機室で、ここが倉庫です。レイアウトを少し変え、もう少し広く成るように変更します。
 
イメージ 3
倉庫にはバイスや卓上グラインダー、ボール盤などがあり、金属加工では、威力を発揮する事と思います。
 
イメージ 4
この、荷役用エアーコンプレッサーの通路は船体の形成作業には丁度良い場所です。
普段は人が通る事は無いので適所ではないかと・・・
 
イメージ 5
主機の上には成りますが、意外と涼しい所です。 えっ!涼しい?・・・そう、夏場の機関室は42℃には成る低温サウナ状態。。。 現在でも30℃は超えていますがこのエリアは、まだ25℃程度、暑くて、うるさい場所です。
 
イメージ 6
本船の主機はこんな物が付いています。 ヤンボーマーボーのエンジンです。 このエンジンをチョイスした理由というのが有る様で将来的に考えての事のようです。
でも、良く起動系が壊れます。今日も今までに無い電気系トラブルで始動不能! \(゜ロ\)
ちょちょいのちょいで直しましたが、たまたま目を付けた部位がバッチリ故障中!5分で直しちゃいました (^^)v 実は、ちょっと焦っていたんですが15分遅れで、事無く出航!
 
イメージ 7
船体の削り仕事はこのエリアかな!と・・・ いろんな所に巣を作っています (笑
 
本船の作業場はこんな所ですが、夏場の作業は無理なので、フルスクラッチでの建造は秋以降の着手に成りそうです。
それまでは、第1工場で小物を先に仕上げて後から、船体をと言う分離造船作業で着工していきます。
まだまだ、準備に掛かりそうです。 (*^^)v
 
\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
暫しの休暇も終わり、現実に戻り、ちょっとお疲れ気味のシップヤード ドワーフではありますが、休暇中の仕込みで新造船所での建造を・・・と、思いきや、なかなか気分が乗らずであります \(゜ロ\)(/ロ゜)/
そういう言う中、大人買いの機材が到着しました !(^^)!
ちょっとは、造船意欲が湧いては来ましたが・・・
 
イメージ 1
今日は、本船は母港で早朝より荷役後、関門海峡を通って、一路長崎県の五島列島へ・・・
画像は、関門橋で西航船です。
本船のデッキは航海中は洗われて走ります・・・ (・o・)
 
イメージ 2
先ずは、大人買いの品々・・・ 2隻分ではありますがスペアーと先日のベンツのウニモグ用でもあります。
送信機は切り替えが面倒なので、同じものを新調しました。 (~o~)
 
イメージ 3
舵サーボは前回の氷川丸と同じ大きさの強力型・・・標準タイプからすると相当小さいです。4gしかありません。
 
イメージ 4
バッテリーは氷川丸より容量が少し大きいものをチョイス 今回もLi-Poを選択!
氷川丸用は20-30Cなのですが今回は15C・・・その割にはリード線が太いです。ZIPPYは3セルでも他社より太目を使っていますね・・・ そんなにパワーが必要ないので同じ重量なら15Cで容量を選択しました。
 
イメージ 5
本体はまだ寝台下の引き出しにクルーズ船「AIDA」と同じ箱に入って、広げていません。
も少し、キャビンを片付けないと。。。
 
イメージ 6
ここが、新造船所の第一工場取り合えず、ネットワークは確保しました。
上官だと個室なので、設備も良いキャビンです。 (*^^)v
 
画像の上にある舷窓から外を見ると↓
 
イメージ 7
舷窓からはお船も見えます (p_-)
 
次回は本船の第2工場をご紹介いたします。
 
\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à           ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 
休暇も終わりなので、準備慌ただしく成りました。
持って行く物の準備と、いない間の事・・・もちろん、お庭のお手入れと、模型仲間のお世話・・・ (v^∇^)v
 
新作の段取りのお手伝いとか、メカに関する相談・・・ 双方にネットワーク環境が有ると急ぐ事も無いのですが・・・今まではネット難民!  がっ、しかし!今回それを解消すべく設備投資!を決行しました ☆d(o⌒∇⌒o)b ☆イェーイ☆ d(o⌒∇⌒o)b☆
後で、ご紹介いたします♡
 
そして、おベンツのウニモグ・・・ (⌒-⌒)ニコニコ
ポリカのボディーを切り取って塗装の準備を行いました。
イメージ 1
必要個所に穴を開け、ボディーの淵周りをカットして行きます。。。
この作業は結構面倒です。 
綺麗に切るのが大変な作業です。 気を付けないと怪我しそうな位です。
 
イメージ 2
荷台の下のサイドパネル返ってこっちが大変でした!
もう1台分有ると、色違いで楽しめるのにな・・・なんて思い、パーツリストを見ていました。結構お高いです。
 
 
 
そして、海上生活を満喫できる文明の利器を設備投資!
イメージ 3
先ずは、パソコン・・・
今までのパソコンは、ハイビジョン動画だとスペックが悪く、途切れ途切れでしか見れませんでした。。。 ((+_+))
なので、持ち運びと、本船は衛星インターネットを使い動静、航海日誌、運航スケジュール、機関日誌等、ネットワークで陸上と情報を共有しているので機関部の情報を、いち早くデータベースを作るのに、楽なので、業務簡素化の意味でもあえて、タブレットで無く、ノートパソコンを選択! o(*⌒O⌒)b
今までのより、軽くて、スベックは上なのでバッチリです。ただし、DVDドライブが無いのが残念ですが・・・
ま、お安いので、良しとします (〃^∇^)o_彡☆ァハハハッ!!!
 
イメージ 4
そして、ネットワーク端末にクロッシーの専用端末と、スマホを導入! もちろん、スマホもクロッシー対応型で、ワンセグのテレビ付き! これで、船内のキャビンはBS/CSにHDDレコーダーが有るので、少々は退屈しないでしょう! ワクワク♪o(^o^o)(o^o^)oワクワク♪
 
イメージ 5
取り敢えずの造船が出来る様、工具治具等を持って行く訳ですが・・・流石に全部持って行くにもいかず、当面の予定作業に差し支えない程度とは思っていますが、やはり多くなります。
これ意外に後、2つの工具箱に電動工具等持って行きます。
船にも、幾つかの工具が有りますが、特殊な物は無く、持ち込みに・・・
 
さて、マリンライフを満喫して参りましょう ☆d(o⌒∇⌒o)b ☆イェーイ☆ d(o⌒∇⌒o)b☆
 
\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à     Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à           ¢ù彣¾ðÊó\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
 

↑このページのトップヘ