2011年06月

イメージ 1

世界の舷窓から・・・
今日は、伊予の国からです
離島です。
島です


昔、嫁さんから、付き合っている頃、船の窓は丸よね! と、断言されたことを思い出しました・・・
なので今回は窓枠を入れて見ました!

イメージ 1

第8泰栄丸の特長的な部位の製作です
同型の淡路型は全て同じ物でした・・・そう!御トイレトです。
使用方法は、見れば解りますが実際は初めての人はデンジャラスな行為なのです
更に、波が有ると全自動のウォッシュレットになり荒天時には命懸けでウンチをしなければ成りません (゜▽゜)
ある意味、絶景でもある場所なのですが・・・
あと、船尾の賄室近くの戸棚を作りました。
電子ホーンタイプの汽笛も製作中です
かなりのパーツが出来て来ました。
パーツ製作も終盤です 部分的な塗装も始まっています。
今年の瀬戸大橋の大会で3隻の活魚運搬船団がご覧になれます o(^-^o)(o^-^)o

Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
不定期なシリーズでお伝えしています、世界の舷窓から。
今回は、大分県別府市の別府観光港からお送りします♪
イメージ 1
 
昭和の全盛期、観光と言う名の国内旅行中継基地の湯の街「別府」・・・
関西あるいは、四国を旅して船で別府へ・・・ そこから、火の国「熊本」を旅して、更に船でロマン長崎に・・・
昭和の国内旅行もストーリーが有ってスピードが無い旅行が楽しめましたが味が有りましたよね。
そこで、凄い乗り物が有って選べる足路有ったのですが、早く遠くに安く行ければ、と言う時代に消されて行ったのですネ・・・「大分ホーバー」
ここ、別府に来ると昭和のノスタルジック旅行が懐かしいです。
 
それはそうと、個人的に好きな「くびれ」が・・・ (●^o^●)
この子です↓
イメージ 2
さんふらわあ こばると・・・
 
船首上部のぽっちゃり感が溜まらなく、喫水線付近の窪んだ括れが・・・ なかなかイイ、ボディしています (萌
 
この3D曲面スケールしたく成ります (笑
 
ところで、秋に旅行に行きたいと言う嫁・・・
しかも海外!
なら!イタリア~ギリシャのアドリア海を旅して、製作予定のブルースターフェリーを取材調査!
若しくは、英国でホーバーミュージアム! ワクワク♪o(^o^o)(o^o^)oワクワク♪
BHCのSRN6とか見れるしBH-7の資料も揃うだろうしSRN4だって見れるだろうから・・・
作戦、考えとこう。( ^^) _旦~~
 \饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
1/14スケールラジコン船の木造活魚運搬船 第八泰栄丸は電装工事中!
集中制御部分の基板にリレーを並べて付けていますが配線をポカミス (涙
 
それを修正するべく、配線変更工事をしていると、更に勘違いによる配線・・・
 
ドンドン状況が悪化するので、思い切って一度、配線を有る程度外してしまい、気を引き締めて作業しました・・・丸二日!
 
単なるヒューマンエラーから始まった事が大事に・・・
流石に参りました。
 
今回、同時進行で改修工事中の18号も全く同じシステムで同じ設計、施工・・・と言う事は、18号も補修?
 
次回の休暇の時にしましょう!そうしないとまた間違えそうで (笑
 
イメージ 1
右側の集中制御部が今回原因でした。
多機能スイッチも同時に配線ミス (涙
デレッキクレーンの制御用の基板です。 旋廻・起伏・上下の遠隔動作が可能です (* ̄▽ ̄*)~゚
 
イメージ 2
上側が旋廻機で 下が起伏と上下のワイヤーウインチです。
 
イメージ 4
2日目にしてやっと、正常な動作が可能に成りました。
後は、塗装後に器具の設置後に配線して電装系は終了ですね。
しかし、造船所の作業はここまでまた、洋上工場での作業が始まります。
 
イメージ 3
今回はブリッチ部分の強化製作・・・ (汗
必要な材料と機材をバックに詰め込んで造船活動に向かいます。
今度帰って来る時はバッチリな仕上がりのブリッチがお目見えですかね  ワクワク♪o(^o^o)(o^o^)oワクワク♪
 
Á\¡¦Á\Çõ\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à

\饸\³\óÁ\Ž\Àø¿å¡­ϥ֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à
久しぶりの本体! 第1部に続き2部です。
 
イメージ 1
レーダースキャナーも丁度良い大きさです。
 
イメージ 2
デッキライトはこう言う風に付きます。
点灯すると可也見応えが有りますよ! 
和みの8号は着実に完成に近づいています (萌萌
 
イメージ 3
そして、新作ホーバーMV-PP5用の推進用モーター! ( ^∇^)キャキャキャ
今回のホーバーはエンジン音が特有の音がしますので、それに近づける為、合えてブラシレスモーターを選択しました。
前作のルビーより小型、軽量は間違い無いのでここまでのスペックの機関が必要か?と思われる位のパワーです。 しかも2機・・・
今までの経験からすると、特にホーバー模型に関しては、オーバーパワーかな?と思われる位が、ちょうど良い!と、言うのが解りましたので、数人の福沢諭吉に登場して頂き、2カ月前に調達していましたが仕事の都合で見る事も無く今回初めてのご対面~ン! ・・・なんか凄そうなモーターです。
勿論、前後進が可能でダイレクトバック等、設定が可能で細かい調整が出来る物です。
しかも、インナーローターですので、これまでのブラシモーターとの互換性も有りです。
アンプは120Aの大容量です。強制空冷のファンが付いています。
とにかく、全てが大容量です。これもパワーに余裕を持たせ機関破損事故の防止対策でも有りますが・・・
 
イメージ 4
右が、現在使用しているドリームルビー用のモーターで左がPP5用のブラシレスモーター
どちらも540サイズです。
ルビー用もパワフルなモーターです。20,000回転以上は廻っています♪ なのでルビーの推進機が右舷機は外れかかっています。左舷機も最大回転ですとFRPのデッキが盛り上がります。物凄いパワーです。
それ以上のブラシレス・・・ しかも今回11.1V仕様! 有に40,000回転は廻ります。 相当のオーバーパワーかな?
これで、1/20 ホーバーMV-PP5の設計が少しは進みそうです。。。 ワクワク♪o(^o^o)(o^o^)oワクワク♪

↑このページのトップヘ