https://taste.blogmura.com/radiconship/img/radiconship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/ship/img/ship88_31.gif  https://taste.blogmura.com/img/taste88_31.gif  https://localkyushu.blogmura.com/kyushu/img/kyushu88_31.gif

最近、ブログアップしていませんでしたので、SYDさんはどうした?と、ご心配でしょうが、実は、バンバン進捗しています。
プログアップも、海上での通信スピードの遅さに、耐えきれず、画像アップに時間が掛かるもので、つい・・・
そんな中、公開媒体を変えようか?なんて以前から思っていましたが、なんと、Yahoo!ブログの閉鎖。
以前から、噂わされて頂けに、さほどビックリもしませんでしたが、他のブログサイトに引越しかな?と、思いながらも、築いたキャリアは?との、問題も。
最善の方法を、考えてみます。それから、引越し先をご案内しますので、お待ちください。

さて、造船の方は、前回の休暇中に雌型まで終わらせようと、思いましたが、私用と冬場のパテの硬化スピードが遅く、作業が進ま無かったので、雄型の完成まで、あとチョットでした。
その代わり、ブロック工法の洋上造船所でのブリッジ工程が進んでいるので、全体工期はペース順調です。

イメージ 1
休暇で帰ると、2ヶ月間もの硬化時間が有った、雄型モデルを、研磨開始!
1回目は、粗く機械で研ぎ上げました。
作業時間、1時間ぐらいかな。。。

イメージ 2
削って修正パテを入れて、研いでの繰り返し・・・
画像的には変化ない数日が続きますので、工程画像省略と、言う事で。。。

イメージ 3
パテの色で分かる通り、何層にもなって修正しています。
造船活動もこの辺りに来ると、修行している様な、状態です。

イメージ 4
左舷側から、全体を見て、補修箇所をチェックします。

イメージ 5
右舷側も同じく。。。
画像を家に持ち帰り、夜に焼酎を1杯遣りながら、見ていると、あそこが!ここが!が見えて来ますので、更に翌日修正。
しかしながら、たまに娘に画像を見せると、思わぬ修正箇所のご指摘が!!
造形技術はSYDには負けず劣らずの逸才で、検査官として、任命しております。

イメージ 6
造形の仕上げに入ります。
サーフェサーを吹き付けて、面の状態をチェックします。
ここまで来ると、テンション上がりますね!

イメージ 7
サーフェイサーが乾くの待って、計測に入ります。

イメージ 8
粘土モリモリを削り出したので、芯出しを計測

イメージ 9
各方向の断面を左右対称か見ます。
意外と合って居るものなんですね。。。

イメージ 10
吃水線はこの辺りかな??なんて、遊びながら、計測して行きます。
まだ、折り返しの所なんですけどね・・・

さて、次回は、折り返しの工程をお送りします。